日向坂46“モデルトリオ”加藤史帆&佐々木美玲&高本彩花、シースルーから美脚披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・日向坂46の加藤史帆、佐々木美玲、高本彩花が、27日発売の『週刊ヤングジャンプ』26号(集英社)の表紙&巻頭グラビアに登場。ファッション誌の専属モデルとしても活躍する3人が、デニムの短パンから健康的な美脚を披露した。

【別カット】ホワイトのキャミ姿で美肌を見せた加藤史帆&佐々木美玲&高本彩花

 同号では5thシングル「君しか勝たん」が26日に発売されたことを記念し、日向坂46が表紙&巻頭&巻末の一冊ぶち抜きグラビア。さらに特別付録としてグラビアと公式ロゴを使用した「特製グラビアステッカー」や、加藤がセンターにかける思いやダンスの見どころを解説した『君しか勝たん』振付講座も掲載する。

 巻頭グラビアには『CanCam』モデルの加藤、『non-no』モデルの佐々木、『JJ』モデルの高本が勢ぞろい。シースルー素材のトップス&スカートなどファッショナブルな衣装を着こなしたカットや、特大のスマイルで走り出す瞬間を捉えたカットなど、日向坂46らしいハッピーオーラ満載のグラビアになっている。

 また、巻末グラビアには濱岸ひより&上村ひなのが登場。ペアでの撮影は初めてだったが、バツグンのスタイルの2人が姉妹のようなストーリーを表現した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事