小林亜星さん死去 88歳 多数のCMソング作曲、『寺内貫太郎一家』で俳優も【作曲シングル累積売上TOP3】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作曲家で俳優としても活躍した小林亜星さんが。5月30日に心不全のため死去したことが14日、わかった。88歳。葬儀は故人の遺志により近親者にて執り行われ、お別れの会は予定していない。

小林亜星さんのプロフィール

 小林さんは1932年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学を卒業後に作曲家の服部正氏に師事。61年のレナウンのCM「ワンサカ娘」「イエイエ」をはじめ、サントリー「オールド」、明治製菓「チェルシー」、ブリヂストン「どこまでも行こう」、日立「この木なんの木」など、次々とヒットCMソングを作曲した。

 72年には「ピンポンパン体操」が大ヒットを記録して日本レコード大賞童謡賞、76年には都はるみ「北の宿から」で日本レコード大賞を受賞。また、74年には向田邦子さんのテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS)の主演を務め、俳優としても評価された。

 2015年には日本レコード大賞功労賞を受賞。19年には自身の作品集大成アルバム『小んなうた 亞んなうた』を発表した。

●小林亜星さん作曲シングル累積売上TOP3
(※記録は2021/6/14付現在)

1位…「北の宿から」 都はるみ(1975年12月1日発売)
最高1位、累積売上143.5万枚

2位…「ふりむかないで」 ハニー・ナイツ(1972年4月10日発売)
最高3位、累積売上37.3万枚

3位…「ユカイツーカイ怪物くん」 怪物くん(怪物太郎)(2010年7月7日発売)
最高2位、累積売上19.7万枚

※オリコン調べ(2021/6/14付現在)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事