原田龍二 “性欲”質問も堂々「結局は生命力」 妻は達観した考え「人生何が起こるかわからない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の原田龍二(50)と妻で元女優の愛さんが18日、東京・半蔵門のTOKYO MX内で山本漢方製薬「大麦若葉」新CM記者発表会に出席。2年前に、ファン女性との不倫が『週刊文春』で報じられた際、謝罪会見を行った因縁の場所で夫婦そろって初登壇を果たした。

【動画】“因縁の場所”で夫婦そろって初登壇した原田龍二夫妻

 2年前の会見にも来ていたリポーターから質問を受けた原田は「きょうまで忘れたことはないです。僕もこういう気持ちで立てるとは思っていませんでした」と感慨深げ。愛さんも「まさかこの場所に来るとは思ってませんでしたので、びっくりです」と驚きの声を上げた。

 2年前の会見について、愛さんは「あんまり覚えてないですけど、一言では語れないような気持ちでした」と回顧。原田は「自分の中では大事な戒めのひとつとして抱えていきたい」と決意を述べながらも、リポーターから「まだ、性欲は強いですか?」と向けられると「どうやったら弱くなるんでしょうか(笑)。あの時はそういう発言をしましたけど、結局生命力だと思います。もともと丈夫ですが、毎日大麦若葉を飲んでいることも大きいのではないでしょうか」と白い歯を見せた。

 原田は続けて「僕自身、2年前にいた場所にはいない、精神的にも。どんどん達観していきたいと考えているので、こういう行動をしたらどう思われるかではなくて、信念を信じてきたので、毎日反省を述べるよりも、忘れてはいけないこととして、戒めとして持っています」とコメント。愛さんは夫の不倫について「大丈夫であってほしいっていう願いはありますが、なと。きょうも、私がこの場にいるとは考えてなかったので」と達観したコメントでわかせていた。

 2人は、18日から全国で放映する山本漢方製薬の商品「大麦若葉」シリーズの新CM「本物の夫婦篇 15秒篇」(ほか全5篇)に出演する。愛さんは、今回妻役として登場。“本物の夫婦”として30年ぶりの共演を果たす。

 原田の妻、愛さんは、1男1女の母。元女優として活動し、ドラマやテレビ番組に出演。原田と交際を機に芸能界を引退。今回の山本漢方CM撮影にて30年ぶりにお茶の間にカムバックした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事