原田龍二、不倫会見後もCM継続の決め手は“人柄” 企業社長の温情も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の原田龍二(50)と妻で元女優の愛さんが18日、東京・半蔵門のTOKYO MX内で山本漢方製薬『大麦若葉』新CM記者発表会に出席。2年前に、ファン女性との不倫が『週刊文春』で報じられた際、謝罪会見を行った因縁の場所で夫婦そろって初登壇を果たしたが、継続してCM起用した同社の山本整社長の“温情”が垣間見える一幕があった。

【動画】“因縁の場所”で夫婦そろって初登壇した原田龍二夫妻

 山本社長は、不倫会見後も継続して原田を起用した理由について「みんなと楽しく仕事をしてくれる。企業ですから、契約解除というのが当たり前の判断ではあるんですけど、あれで解除になるというのはあまりにもさみしいし、なんとかならんかなという思いで、いろいろ相談させてもらいました」と回顧。「カメラが回ってないところでも現場を楽しく、私の期待以上の仕事をしてくれるので、なんとかしてあげたいという思いでした」と言葉に力を込めた。

 原田は「あのようなことがあったにもかかわらず、社長のお計らいでCMの継続をしていただき、本当に感謝しています。しかも今回、妻と一緒にCMに出てはどうかとご提案いただいて。妻が快く引き受けてくれたことによって、共演することになったのですが、妻と30年ぶりに、CMというステージで共演できる日がくるとは想像していませんでした」とかみしめるように話していた。

 2人は、18日から全国で放映する新CM「本物の夫婦篇 15秒篇」(ほか全5篇)に出演する。愛さんは、今回妻役として登場。“本物の夫婦”として30年ぶりの共演を果たす。

 原田の妻、愛さんは、1男1女の母。元女優として活動し、ドラマやテレビ番組に出演。原田と交際を機に芸能界を引退。今回の山本漢方CM撮影にて30年ぶりにお茶の間にカムバックした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事