BTS、『MUSIC BLOOD』初出演 田中圭&千葉雄大とともにデビュー8周年の過去・現在・未来を紐解く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国の7人組グループ・BTSが、18日放送の日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:00)にゲスト出演した。

【写真】「Butter」を日本初披露したBTS

 今回のトークでは、BTSのメンバー同士の仲の良さやデビュー間もない頃の思い、プライベートも垣間見えた。さらにライブでは「Film out」「Butter」ともに熱のこもったパフォーマンスを披露するなど、全てにおいて見どころ満載となった。その様子をレポートする。

 先日アメリカ3大音楽祭の1つ『Billboard Music Awards』でキャリア最多の4冠を獲得しK-POP史上初の記録を達成。またオンラインコンサートを開けば2日間で133万人、195の国と地域のARMY(ファンの総称)がアクセスし、世界中から愛されていることを証明した。今回はメンバーが、韓国からのリモート中継で出演した。

 今回はいつもとは違った環境で収録がスタート。海外からの初のゲストということで、MCの田中圭、千葉雄大も心なしかいつもよりも緊張している様子。

 いよいよ、BTSとリモートでトークを開始。各メンバーが自己紹介を済ませると、田中がオープニングで披露した千葉のダンスについて言及する。J-HOPEの「サイコー!」という言葉を皮切りに、「本当上手です」とRM。「みなさん優しい」と、BTSの神対応に、千葉はいたく感動していた。

 続いて今年でデビュー8周年となるBTSのグループとしての過去、現在、未来を紐解いていくことに。まずはデビュー当時の話から。「自分たちを見せたいという思いが強かったと思います。若いころの必死さというか、そういうものにあふれていて ステージの上でカメラのことをにらみながら一生懸命頑張ろうとしていたと思います」とJIMIN。JUNG KOOKは「デビューしてから、自分の未熟さを感じ、その時から頑張らないとって思い始めました」と、神妙な面持ちで語った。そんな中、デビューして間もない頃、日本で初歌唱した時の秘蔵映像が披露され、それを観たメンバーが感想を語る場面も。

 そして田中の「8年前の自分に声をかけているとしたら、どんな言葉をかけていると思いますか?」という質問に対し、SUGAは「たくさんのことが怖かったと思います。怖がらなくてもいいものが怖かったし、たくさんの試行錯誤も繰り返していました。その時の僕に怖がらなくてもいい、と言ってあげたいです」、J-HOPEは「自分自身を信じて前に進んでみればいい結果があると言ってあげたいです」としみじみ語った。

 さらに「メンバーの中で一番成長した、変わったなと思う人は?」という質問が投げかけられると、VがJ-HOPEの名前を挙げる。SUGAも「デビュー前はこんな感じじゃなかったよね。でも名前通りになっていったね」と続いた。最後にJ-HOPEが「“HOPE”です」とダジャレで、きっちり笑いで締めた。

 続いての話題は、思い出に残っているライブパフォーマンスや楽曲について。SUGAは「僕がすごく覚えているのは、日本のスタジアム公演。世界各国で公演の観覧の仕方が違うんですけど、日本は静かに観る傾向があります。その日は雨も降っていて、もうなんでもいいやっていう雰囲気でした。日本のファンの皆さんが踊ったりジャンプしたりする姿を見て、鳥肌が立ちました」としみじみ回顧。さらにback numberとの共同制作で話題になった楽曲「Film out」について、SUGAは「僕たちがもっと多様に曲作りをしてみたいと話して推薦をもらいました」と明かした。

 そして今回披露する楽曲が「Film out」。J-HOPEは「MUSIC BLOOD のために新しいセットを準備して かっこよくステージを仕上げました、期待してください」とにっこり呼び掛けた。

 続いて、BTSにまつわるゲストとして俳優の坂口健太郎が登場。BTSとは2018年に主演した、ドラマの主題歌をきっかけに仲を深めた。プライベートでも交流があるほどの仲という。画面越しで旧交を温める坂口さんとメンバー。J-HOPEが「ライブにもたくさん来てくれたし韓国にきてご飯も食べたし、思い出があります」と語れば、Vも「健太郎さんがライブに来てくれる時、いつも苺をプレゼントしてくださり、その苺が本当においしかったです」とうれしそうに語った。坂口も「僕は韓国語が話せないので、翻訳機を使いながら会話をしました。あと、J-HOPEが日本語でしゃべってくれて、すごく助けてもらいました」と、当時を振り返った。

 そして、そんな気心知れた坂口だからこそ聞ける、少し踏み込んだ質問をすることに。「モーニングルーティーン的な、朝起きてから気合入れるためにやっていることがあれば聞きたいな」という質問に、Vは「毎日欠かさずにりんごを搾ったジュースを飲みます」と説明。最近ルーティンができたというSUGAは「アーモンドの飲料と、プロテインと、鶏むね肉とバナナとブルーベリーを混ぜて飲みます。そうしたら、朝食を食べなくても済みます」「思ったよりもおいしいです」と笑みを浮かべた。

 そして話題はARMYへの思いと、新曲「Butter」について。「BTS のみなさんにとってARMYとは?」という田中の質問に対し、Vは「今までの8年間という長い間、いつも僕たちの横で、そばで見守っていてくれて、応援してくれて、支えてくれて一緒に泣いて笑ってくれたベストフレンドです」と回答。J-HOPEも「どうやって言葉にすればいいか分からないけれど 言葉の表現を超えて、とても大切な存在だと思います」と、感謝の気持ちを口にした。

 そして日本のテレビ初披露となる新曲「Butter」について、RMは「重いメッセージがある歌ではなくて、ただ楽しくて爽やかで口ずさみたくなるようなダンスポップです。いつかみんなで会った時に、曲をかけてただ踊って楽しめたらいいなと思う、そんな曲です」と紹介した。

 とうとう収録も最終局面に。MCの二人が今日の収録を振り返りつつ、BTSと話していたら、過去の楽曲も聴きたくなったという会話をしていると、絶妙なタイミングでJUNG KOOKから「僕たちBTSが今まで出した曲をたくさん聴ける ベストアルバムが発売されます」と、新たな情報が飛び出す。続けてJINも「『BTS, THE BEST』というタイトルのアルバムです」としっかりPRしていた。

 そして最後に田中が締めのあいさつを言い終えると、BTSが「サンキュー!」「バイバーイ!」「また会いましょう!」とあいさつ。最後の最後にVが「油そばいきましょう!」と呼びかけると、田中さんが「油そばいきましょう、連れていきます」と応じ、固い約束を交わした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事