上田慎一郎監督『100ワニ』幻の実写構想 アニメ映画で異例の手法も「大変なことしかなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画監督の上田慎一郎氏が20日、都内で行われたアニメ映画『100日間生きたワニ』(7月9日公開)オンラインヒット祈願イベントに登壇。幻の“実写化プラン”を明かした。

【画像】サプライズで祝福!木村昴へのバースデーケーキ

 同作は、きくちゆうき氏が自身のツイッターで2019年12月12日から20年3月20日まで100日間毎日投稿していた漫画が原作で、主人公のワニの日常を描いた物語。「100日後の死」を前提に描いており、1日目は、ワニがただテレビを見て笑っているだけの誰にでもある普通の風景だが、4コマ目の最後に「死まであと99日」と“死”へのカウントダウンを告知する斬新な作品で話題となった。映画で描かれるのは、100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿となる。

 上田監督は原作を知ったタイミングについて「2日目くらいから、会社のグループLINEに共有があって、そこから読み始めました。それで、30日目くらいに企画書を出して、当初は実写映画として考えていたんです」と告白。「ワニのかぶり物をするとかではなくて、設定を人間に置き換えて、この物語を出したいと思ったのですが、話し合いをする中でアニメ映画にするのはどうですかということになりました。アニメ映画にして良かったなと感じています」と声を弾ませた。

 ギリギリまで作り込んでいったそうで、上田監督は「本当に大変なことしかなかったです(笑)。一般的なアニメの作り方とは違って、声を撮った後に、間とかも改めて再調整してもらって。一般的なアニメの作り方ではありえないんですけど、みなさんにご協力いただきました」と感謝。「信じている我が子なのですが、声が届いてくるまでドキドキしています。試写が始まって、いろんな感想をいただいて、少しずつ手応えをつかめている状況です」とかみしめるように語っていた。

 イベントにはそのほか、神木隆之介、木村昴、ファーストサマーウイカ、ふくだみゆき監督も登壇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事