『ボイスII 110緊急指令室』“最強最悪の敵”に挑むレギュラーキャスト発表 第1話あらすじ公開 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の唐沢寿明が主演する、7月10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)のレギュラーキャスト8人と第一話あらすじが発表された。

【写真】s**t kingzのOguriが本名・小栗基裕で役者デビュー

 今作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を掲げる緊急指令室“ECU”の活躍を描いたタイムリミットサスペンス。2019年放送の前作に引き続き、唐沢寿明が主人公の敏腕刑事・樋口彰吾、真木よう子が緊急指令室ECUの室長でボイスプロファイラー“声紋分析官”橘ひかり、NEWSの増田貴久が彰吾とバディを組む“透ちゃん”こと石川透をそれぞれ演じている。

 藤本隆宏は、神奈川県警捜査一課・課長、重藤通孝役。ECU緊急出動班・班長である重藤雄二(増田昇太)の兄で、急激に成長を遂げたECUのことを信頼しておらず、雄二がECUの班長になったことを、そして同期である樋口のワンマンぶりを、快く思っていない、という役柄を演じる。

 田村健太郎は、前作に続き、ECU古株のホワイトハッカーで情報分析のプロである緒方拓海役。セキュリティーの専門家としての能力を武器に、ECUの情報分析官として活躍する一方、女性と話すことが大好きで、お調子者な一面もあり、ECUのムードメーカー的存在となる。

 そのほか、遠藤雄弥は足達大輔役、福澤重文は島田康彦役、宮田佳典は佐伯和則役、松本博之は香川俊太役として、港東署ECU緊急出動班の捜査員を演じる。前作では強行犯係というポジションだったが、樋口が去った後、緊急出動班二代目班長である重藤雄二と共に、ECUの正式メンバーとなった。前作同様の息のあったコンビネーションで、樋口と共に「最凶最悪の敵」を追い事件に巻き込まれていく。

 そして鳥越壮真も、前作に続き、樋口彰吾(唐沢寿明)の息子、樋口大樹役を続投。病気の治療のため長く入院していたが回復し、退院した。悪い人をやっつけるかっこいい父親を尊敬しているという役柄。大河内浩は、神奈川県警のトップである本部長の小野田則親を演じる。

■第1話あらすじ

港東署緊急指令室(110番)の直轄チーム『Emergency Call Unit』(通称:ECU)は、通報から10分以内に被害者を救出する初動捜査に特化した部署。
室長の橘ひかり(真木よう子)と、ECU緊急出動班の班長・重藤雄二(増田昇太)はその日、本部での会議を終えたその足で、立てこもり事件の現場へ向かう。現場では爆弾を巻きつけた男が、妊婦を人質に声を荒らげていて…。
ひかりは犯人の男の“声”に耳を澄ます。類まれな聴力と分析力を併せ持つボイスプロファイラーのひかりは、 即座に男の特徴を掴むと、指令室の室員たちと連携し、鮮やかに男の身元と目的を割り出していく。
一方、息子・大樹(鳥越壮真)のため、現場から退いていた元刑事・樋口彰吾(唐沢寿明)は、妻の墓参りの帰り、女性が襲われている現場に遭遇。被害者・純名を助け出し、犯人の男を追う。しかし、予め逃走経路を決めていた男は逃走。その直後、先に家に帰したはずの大樹と連絡が取れなくなり…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事