Rocket Punch、「BIM BAM BUM」日本語版先行配信スタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国の6人組ガールズグループで元AKB48のジュリが所属するRocket Punchが、日本デビューミニアルバム『Bubble Up!』(8月4日発売)に先駆け、「BIM BAM BUM Japanese ver.」の先行配信をスタートした。

【写真】日本人メンバー 元AKB48のジュリらRocket Punchソロショット

 原曲は韓国デビューミニアルバム『PINK PUNCH』収録曲。世界に向けて自分たちの歌を響かせるという抱負を、今回は日本語詞で歌う。

 2019年8月7日に韓国でデビューしたRocket Punchはジュリ(23)、ヨンヒ(20)、スユン(20)、ユンギョン(19)、ソヒ(17)、ダヒョン(16)の6人組。唯一の日本人メンバー・ジュリ(高橋朱里)は2019年5月にAKB48を卒業し、Rocket Punchとして活動している。

 グループ名「Rocket Punch」は「退屈な日常に飛ばす新鮮な一発のパンチ」という意味で、音楽とパフォーマンスで「日常に明るいエネルギーを届けることができるように」との願いが込められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事