三石琴乃「声が好き」、山口由里子「憧れ」 葛城ミサト&赤木リツコの絆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 声優の三石琴乃と山口由里子が11日、都内で行われたアニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』フィナーレ舞台あいさつに登壇した。

【動画】庵野秀明総監督「三度のお辞儀」でファンへ感謝を表す

 ネルフ、そしてヴィレ(WILLE)で共闘してきた葛城ミサト(三石)と赤木リツコ(山口)を26年の月日にわたって演じてきた2人。ファンから寄せられた質問で「お互いの一番好きなところ」について、三石は「たくさんあるんですけど、根本は声だと思います。由里子ちゃんのリツコの声が好きです」とニッコリ。

 山口は「ミサト=琴乃さんのことですが、包容力があり、本当の強さがあるから優しさがある。『エヴァ』の中で唯一、大きな愛のような存在を持っていたのはミサトさん。リツコにはないところだったので、憧れというか安心でもありました」と褒めあい、2人にしかわからない絆が垣間見えた。

 『新劇場版』シリーズは、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え全4部作として「リビルド」(再構築)したもので、今作は、2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、09年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、12年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く作品であり、完結編となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事