『氣志團万博』開催中止を発表 綾小路翔が無念「力及ばずだった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックバンド・氣志團が主催するフェス『氣志團万博』が、今年の開催を中止することが22日、発表された。同フェスは昨年も新型コロナウイルスの影響で例年の2日間実施は見送り、1日のみオンラインで開催していた。

【氣志團万博】故郷・千葉へエールを送る綾小路翔

 中止の決定に伴い、ボーカル/ギターの綾小路翔がコメントを発表。「この度、氣志團万博2021の中止を決断致しました。ヤバい。今言葉にしたら、文字にしたら、急に膝が震え出した。応援してくれたみんな、本当にすまねー。俺ら、開催に向けて全力で駆けずり回った。死ぬ気で、って堂々と言える程に。けれど、けれど力及ばずだったよ」と無念をつづった。

 「“今出来ることの限界までやり切ったとしても、それは「氣志團万博」の形を成していない”」と中止に至った理由も説明。「房総の屋外でGIGをやれば氣志團万博なわけじゃない。一見承認欲求強めのアホみたいなタイトルのフェスだけど、そこにだけは拘りと誇りを持ってやって来た自負がある。これまで"悩んだら進む"を信条に生きて来たけれど、これは悩むべきところではないと判断出来ました」としている。

 その上で「意義ある撤退であった事を証明するために、今この瞬間から来年に向かって動き出します」と来年の開催に向け意欲も。「今回は、今回だけは貸しイチで頼むよ。そんかわりに来年。出演者のみんな。来場者のみんな。開催地である俺らの故郷のみんな。誰もが幸せになれる氣志團万博を開催してみせるから」と決意をつづっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事