フジ久慈暁子アナ、白の肩出し衣装でMC 地元・岩手が舞台のアニメ映画に賛辞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビの久慈暁子アナウンサーが27日、都内で行われたアニメーション映画『岬のマヨイガ』(8月27日公開)完成披露試写会に登場。作品の舞台になっている岩手県出身という縁でMCを担当した。

【全身ショット】芦田愛菜は鮮やかブルーのレースワンピで登場!

 同作は、『千と千尋の神隠し』に影響を与えた小説「霧のむこうのふしぎな町」など、長年にわたり愛され続けるベストセラーを世に送り出した作家・柏葉幸子氏による小説が原作。居場所を失った17歳のユイと8歳のひよりと、突然出会ったおばあちゃん・キワさんとのあたたかくやさしい日常、この町に昔から伝わる、人のかなしみや後悔から生まれる“アガメ”と呼ばれる怪異によって脅かされる様子が描かれる。

 白の肩出し衣装で登場した久慈アナは今作の映像美に触れ「岩手に帰ったようなリアルな感じで、早く岩手に帰りたいなと思いました」としみじみ。これを受け、大竹しのぶが「景色がどのカットでもすばらしくて、きれいな絵がたくさん出てくるんです。監督さんに聞いたら、本当にロケハンして描いたと聞いて、私も岩手に行きたくなりました」と声を弾ませていた。

 試写会にはそのほか、芦田愛菜、粟野咲莉、川面真也監督も登壇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事