なにわ男子、CDデビューで関ジャニ∞・大倉忠義“プロデューサー”に感謝「恩返しすることができたら」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)が28日、横浜アリーナにて『なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子しか勝たん』を開催。11月12日にJストームよりCDデビューすることも発表され、終演後、興奮冷めやらぬメンバーたちが会見に参加した。

【ライブ写真】デビュー発表の瞬間…両手を掲げ喜ぶなにわ男子

 サプライズについて「なにも知らなかった」というセンターの西畑は「やっと実感がわいてきた」と率直に感想を語ると、大西も「カメラの数すごいよね、めちゃくちゃうれしい」と注目度の高さにびっくり。MCでの発表後は、道枝が「高橋くんがずっと泣いてました」と暴露すると、大西も「赤ちゃんやな」とニコニコ。西畑は「なにわ男子を結成してから、高橋が泣きすぎると赤ちゃんになるって初めて知りました」と笑わせた。

 藤原は「終わって携帯を見てから、たくさんの先輩・後輩、家族、友だちからメールが来てデビューするんや…って。先輩はいろんな方から電話きてて。ジャニーズWESTのしげ(重岡大毅)から来てて、まだ折り返しでてきてない」と説明。長尾は「終わって、後ろにはけたら大倉くんがおって…」とプロデューサーである関ジャニ∞の大倉忠義の姿に安堵したよう。

 報道陣から、大倉が写真撮影で自分もスマホで収めていたことを聞くと「送って~!」と喜ぶメンバーたち。西畑は「公演中、最後の曲で(扉が)しまっていくうちに『おめでとうございます』ってボソっと」と粋な祝福を明かし「感謝の気持ちしかない。なにわ男子ができてからたくさんの公演やお仕事をサポートしてくれたのは大倉くん。お仕事でもプライベートでも交流してくださり、かけがえのない大先輩。デビューというと実感はまだですが、大倉くんに恩返しすることができたら」と誓った。

 どんなグループになっていきたいか聞かれた大橋は「みんなのヒーローになりたい。幸せな時も、不安な時でも僕らを見たら元気になれる人たちが増えたら良いなと、僕たち一生懸命頑張ります」と宣言。憧れの先輩について西畑「全部のジャニーズの先輩を尊敬しています。でもみなさんが歩んできた道ではなく、なにわ男子という道を作ってその道を歩むことができたら」と“スタート地点”をかみ締めていた。

 ジャニーズJr.で全国アリーナツアーを開催するのは2019年月のSixTONES以来、約2年ぶり。2020年1月13日『関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪~遊びにおいでや!満足 100%~』以来、538日、約1年6ヶ月ぶりの有観客コンサートとなる今ツアー。530万席の応募が殺到し、当初予定されていた7会場21公演から、北海道・新潟の追加公演、小本・大阪城ホールでの再追加公演が決定し、全8会場26公演を開催する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事