佐藤健、鋭い目つきや険しい表情が新鮮 映画『護られなかった者たちへ』場面写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『護られなかった者たちへ』(10月1日公開)で、殺人事件の容疑者というこれまでにない役柄に挑戦した、俳優の佐藤健が演じる主人公・利根泰久の場面写真が解禁となった。

【画像】そのほかの佐藤健の出演シーン

 『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017年)以来の瀬々敬久監督との再タッグとなる本作で佐藤が演じる利根は、過去に起こした放火事件で服役し、出所したばかりの男。連続殺人事件の容疑者として阿部演じる刑事・笘篠に追い詰められるが、彼はなぜ捜査線上に浮上したのか? 過去の事件と連続殺人事件との関連は?

 大ヒット公開中の映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』では、キャラクターのトレードマークである長髪姿の印象が強く残る中、本作では短髪になり、利根の背負う“過去”を感じさせる鋭い目つきや、険しい表情で観客の心をわしづかみにする。

 本作は、「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山七里の同名小説(NHK出版)が原作。東日本大震災から10年目の仙台で起きた不可解な連続殺人事件を軸に、その裏に隠された切なくも衝撃の真実を描くヒューマン・ミステリー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事