永野芽郁×田中圭×石原さとみ『そして、バトンは渡された』本予告映像解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 永野芽郁・田中圭・石原さとみが共演する映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開)の新着情報として、本予告映像、ポスタービジュアル、さらにインスパイアソングが一挙解禁された。

【動画】映画『そして、バトンは渡された』予告映像

 血のつながらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった主人公・森宮優子(永野)。わけあって料理上手な義理の父親、森宮さん(田中)と二人暮らし。今は卒業式でピアノを弾く「旅立ちの日に」を猛特訓中。将来のこと恋のこと友達のこと、うまくいかないことばかり…。そして、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女・梨花(石川)。泣き虫な娘のみぃたんに精一杯愛情を注ぎ共に暮らしていたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまう。全く違う2つの物語がつながったとき、《命をかけた嘘》と《知ってはいけない秘密》の本当の理由、タイトルの本当の意味がわかる。

 今回解禁された映像は、森宮さんと優子が親子でキッチンに立ち味見をする姿や、楽しそうに買い物に出かける様子。梨花とみぃたんが結婚式で笑顔で見つめ合う姿、遊園地で仲良く遊ぶ姿からはじまる。血のつながらない〈父と娘〉と〈母と娘〉の2つの家族の、親子の愛情にあふれた幸せな日常が描かれるが、早瀬くんから発せられる「お互いを尊重できて、実の親子より余程いいよ」という言葉と裏腹に、実の親子ではない2つの家族には、命を懸けたうそと秘密があったことが明かされる。

 梨花は「ごめんね、みぃたん。私は最低の母親でした」という言葉を置いて、みぃたんの前から消えてしまう。そして森宮さんが「実はさ…」と神妙な面持ちで話し始める衝撃の告白に、「え…」と驚きを隠せない表情をみせる優子。

 クライマックスには、「大体なんで気づいてあげられなかったの」と感情を押さえられず森宮さんに叫ぶ優子に、大粒の涙をこぼすみぃたん。父・森宮さんの隠していたこととは一体何なのか…? そして母・梨花が消えた理由とは…? 2つの物語がつながったとき、初めて明らかになる《命をかけた嘘》と《知ってはいけない秘密》を知り、驚きと共に今年最大の感動があなたに訪れる。

 そして本作のインスパイアソングとして、令和最注目のピアノロックバンド・SHE’Sが決定。本作にインスパイアされ制作されたという楽曲「Chained」が本予告映像の中盤で流れると、2つの家族の物語をさらにエモーショナルに引き立てる。

 今回は、映画の世界観に寄り添った楽曲にしたいというプロデューサーの思いで、インスパイアソングのアーティストを募集したところ、映画の話題もあって、約200組のアーティストから名乗りがあがり、その中から「Chained」は選ばれた。

 選定理由についてプロデューサーの田口生己は「最初にSHE’Sの楽曲を聞いたときに、まるで一本の映画を見終わったようなスケールと余韻に圧倒されました。繊細な歌詞で表現された、人それぞれにある人生という物語をエモーショナルに歌い上げていただいた『Chained』はまさに、この映画の表現したいすべてが詰まっていました。SHE’Sとこの映画の中で重要な意味を持つピアノという共通点を持ったこの楽曲が、多くの方の心に届くことを願っています」とコメントを寄せた。

 SHE’Sのボーカル・井上竜馬は以前より本作の原作を読んでいたそうで、「人と人で、人が人をつないできた。何千年も、何万年も。次から次へとつながれる愛の物語はきっと、今の時代を生きる人々の心を潤してくれる。澄んだ水が渇いた紙にじわりと溶け込むように。二年前に読了して心に残っていた本作品とまた出逢えた。バトンはつながれた。愛おしい登場人物たちからもらったたくさんの言葉を胸に、映画の世界に寄り添い景色を増幅させるように、そして共に音楽人生を歩んでくれている温かいファンに愛が届くように作曲しました。とても素敵な作品になっているので是非映画館でご覧になってください。そして観終われば、あなたがまた誰かにバトンを渡す時です」とその喜びを語っている。

 また予告と共に解禁となったポスタービジュアルでは、森宮さんと優子は何かを考えている表情で、梨花は笑顔でこちらを向いて立っている姿が。一見幸せそうな2つの家族に見えるが、後ろを向いて立つみぃたんの姿、そして「あなたに、伝えておかなければいけないことがー」の意味が気になる、隠された《嘘と秘密》に目を引かれるビジュアルとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事