【東京五輪】ウルフ・アロンが金メダル 柔道男子100キロ級
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京五輪/柔道男子100キロ級決勝】(29日、東京・日本武道館)
 ウルフ・アロン選手(25)が、趙・グハム選手(韓国)に延長の末に鮮やかな一本勝ちを飾り、金メダルを獲得した。

【写真】一本勝ちで金メダルを掴み取ったウルフ・アロン選手

 同階級の金メダルは、日本男子の井上康生監督が2000年シドニー五輪で獲得して以来21年ぶり。『世界選手権』と『全日本選手権』を含めた“柔道3冠”に輝くのは史上8人目の快挙となった。

 ウルフ・アロン選手はアメリカ人の父と日本人の母を持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事