濱田崇裕&森本慎太郎、相撲シーンでコンビネーション発揮「社交ダンスやったらめっちゃ上手い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・ジャニーズWESTの濱田崇裕(※濱は旧字)が主演する、日本テレビの深夜ドラマ『武士スタント逢坂くん!』(深1:09)。8月2日放送の第2話では実写化決定時から、「このシーンあるんですよね?」「楽しみ!」と期待されていた、濱田演じる主人公の逢坂くんと共演のSixTONES・森本慎太郎演じる緋村清人が相撲を取るシーンが登場。今回の大きな見どころとなるこの場面について2人からコメントが到着した。

【画像】原作でも肉体美さく裂の相撲対決

 今作は、2019年11月~2021年4月まで『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載された漫画を実写化。性の交わりを描いた浮世絵=春画師だった武士の逢坂総司郎(濱田)が、令和の漫画家・宮上裕樹の元へタイムスリップ。春画が理由で死ぬはずだった彼は現代で自由にあふれる「エロ漫画」に感激する。「まん画」に出会った春画師・逢坂が、時代を超えて「エロ」に「恋」と「自分の春」を見つけ出し、武士が漫画家アシスタントとして現代で生きていく物語だ。
 
 第2話では逢坂は無事に中堅漫画家・宮上裕樹(今井隆文)のアシスタントに弟子入りすることに。しかし、逢坂くんの存在を怪訝そうに見つめる宮上のチーフアシスタント・緋村の姿が…。逢坂くんに緋村は1つの申し出をする。「僕と勝負してもらえませんか?」。勝負の結果、逢坂くんが勝てば、自分はもう何も言わない。しかし、緋村が勝てば、ここから出て行ってほしいと。緋村からの果たし状が渡される。

 原作の公園からドラマでは深夜の海へ。濱田は「相撲の動きは監督から自由に動いてくださいと言われて撮影に臨みました。(森本)慎太郎とは事前に話をしなくても次後ろ、次右とか、昔から知っているからか呼吸が合って、芝居もピッタリできました」と撮影裏を明かし、森本も「相撲では、濵田くんが右に行きたいときは、僕を右に誘導してくれるんですよ。それに反応して僕が動くので、リードしてくれてすごく助かりました。きっと社交ダンスやったらめっちゃ上手いだろうなって(笑)」とコンビネーションはばっちり。

 濱田は「このシーンで注目していただきたいのが、勝負の後に緋村が言うセリフ。そこが相撲シーンの中で一番好きなんです。あの瞬間、慎太郎が緋村に見えたんですよ。役柄と僕ら2人の関係が繋がった場面のような気がします」と自信をみせ、森本は「原作でも重要なシーンですが、とてもカッコよく撮れていて、渋江(修平)監督の演出や映像もすごいことになっています。相撲対決がキーとなって登場人物みんなが変化していくのも見どころです」とアピールしている。

■キャストコメント

【濵田崇裕】
相撲の動きは監督から自由に動いてくださいと言われて撮影に臨みました。(森本)慎太郎とは事前に話をしなくても次後ろ、次右とか、昔から知っているからか呼吸が合って、芝居もピッタリできました。
このシーンで注目していただきたいのが、勝負の後に緋村が言うセリフ。そこが相撲シーンの中で一番好きなんです。あの瞬間、慎太郎が緋村に見えたんですよ。役柄と僕ら2人の関係が繋がった場面のような気がします。
ラストにもう一つ見どころもあります。逢坂くんと緋村の筋肉のぶつかり合いから、最後の最後まで見逃さないでほしいです。


【森本慎太郎】
大人になってガッツリ相撲を取ることなんてないじゃないですか。すごくいい経験だなと。
ただ、めっちゃ恥ずかしかったです。逆に全然恥ずかしがらない濵田くんがいて、「なんか先輩偉大…」と本当尊敬しちゃいましたね。
相撲では、濵田くんが右に行きたいときは、僕を右に誘導してくれるんですよ。それに反応して僕が動くので、リードしてくれてすごく助かりました。きっと社交ダンスやったらめっちゃ上手いだろうなって(笑)
原作でも重要なシーンですが、とてもカッコよく撮れていて、渋江監督の演出や映像もすごいことになっています。相撲対決がキーとなって登場人物みんなが変化していくのも見どころです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事