『忍者ハットリくん』がマスクに 生みの親・藤子不二雄Aさん故郷の企業が企画販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富山県氷見市に本社を置くあつみファッションは、『忍者ハットリくんNIN NIN立体マスク』を、8月1日から自社インターネットショップ『LINGERIE LAB』で発売することを発表した。

【写真】獅子丸がかわいく描かれた『忍者ハットリくん』着用例

 本マスクは、ブラジャー素材を使用した『ブラマスク』で、コロナ禍の初期のマスク不足に貢献した同社が、立体設計の技術を活かして企画。同社のある富山県氷見市出身の藤子不二雄Aさんの作品『忍者ハットリくん』のプリントを施し、トライプリントと共同開発した。

 国内メーカーの素材にこだわり、全ての資材を日本のメーカーが作るもので統一。肌あたりが良くストレッチのあるメインの生地はフリーカットもできる素材で、吸水速乾、UVカット、接触冷感のある機能素材を使用している。また、内側のシート素材も花粉カット98%以上となっている。

 2種類のスクリーンプリントのデザインと、2種類の昇華転写プリントの合計4つのデザインに、スクリーンプリントにはグレー・ブラック・ホワイトの3カラー、昇華転写プリントにはブルーとイエローの2カラーを展開。サイズは幼稚園児向けのSSサイズから、大きめのLLサイズまで。価格は1500円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事