市原隼人、映画作りに「キャリアは関係ない」 後輩たちに熱いメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の市原隼人が31日、都内で行われた映画『都会のトム&ソーヤ』公開記念舞台あいさつに登壇した。

【動画】未来ある若手俳優に熱いメッセージを送る市原隼人

 本作は、城桧吏や酒井大地ら事務所の後輩たちがメインキャストを務めており、市原は「現場はなんでもやっていいんだよ。モノが言えない現場なんてダメだから。いろんな部署が横に並んで、意見を交差させながら作るのが映画。キャリアも関係ないですから。お客さんを楽しませるには、僕らも楽しまないといけない。なので、みなさんが楽しんでいる姿を見て、僕はすごくうれしかったです」と後輩たちがのびのびと撮影している姿を回想し、喜んだ。

 続けて「自分が言える立場ではないですが、達成感って儚いんですよね。なにが正解かなんてわからないし、いろんな作品でいろんなものを得て、映画とかドラマとか舞台ってなんのためにあるんだろうか。なぜ存在するのか、その意義を自分たちで見出さなければいけないんです。映画はなくても生活できちゃうんだから。だからこそ、いろんな人に見ていただけるための情熱を持たないといけない。自分たちの個性を大事にしながら育んでください」と熱い言葉を送った。

 主演の城は「動きだけで表現するところも勉強になりました。僕も市原さんのように、演技ができるように頑張りたいと思いました」と憧れの眼差しを向けていた。

 この日は、豊嶋花、渡邊心結、玉井詩織、森崎ウィン、はやみねかおる氏、河合勇人監督も出席した。

 同映画は、平凡でどこでもいそうな中学二年生に見えるが、どんな状況も切り抜けられるサバイバル能力を持つ内藤内人(ないとう・ないと)と、学校始まって以来の秀才と言われ、一大財閥“竜王グループ”の御曹司である竜王創也(りゅうおう・そうや)の対照的なタイプの2人が、“究極のゲーム”を作るため、都会のさまざまな場所を舞台に、推理と冒険を繰り広げる物語。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事