『るろうに剣心 最終章 The Final』リリース決定 9・22ダウンロード先行販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の佐藤健主演で人気漫画を実写化した大ヒットシリーズの最新作『るろうに剣心 最終章 The Final』が、9月22日より先行ダウンロード販売、10月13日よりデジタルレンタル、Blu-ray・DVDの販売&レンタルを開始することが発表され、佐藤、新田真剣佑、武井咲のコメント入り予告編が公開された。

【動画】佐藤健らコメント入り予告編

 かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられただが、新時代の幕開けとともに、斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち、穏やかな生活を送っていた緋村剣心(佐藤)。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心たちは、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業なのか? 何のために?

 剣心の十字傷の謎を知り、剣心のすべてを奪おうとするシリーズ最凶の敵・雪代縁(新田)との究極の戦いを描いた『The Final』では、これまでのるろ剣オールスターが集結し、剣心のため、新時代のため、最後の戦いへ挑む究極のクライマックスが描かれる。

 そこで明かされたのは、かつて剣心が斬殺した妻・巴の存在。幕末に人斬り
抜刀斎として恐れられた剣心はなぜ〈不殺の誓い〉を立てたのか? そして剣心はなぜ妻を斬殺しなければならなかったのか? 縁との戦いの理由は幕末へと遡り、剣心の頬に刻まれた〈十字傷の謎〉に迫る『The Beginning』へと続いていく。

 昨年夏の公開延期を経て、4月23日に公開された『The Final』は、全国450スクリーンを超える邦画最大規模で公開となり、6月17日時点で、累計動員数266万人、興行収入37.5億円超を記録。6月4日に公開となった『The Beginning』は、週末動員ランキングで初登場1位を獲得し、同時に『The Final』が2位となる、史上初の1位・2位独占の快挙も達成した。『The Final』の観客動員数は305万人を超え、興行収入も43億円を上回り、現在も全国の劇場で上映中。

■詳細情報
https://www.amuse-s-e.co.jp/title/ruroken/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事