話題漫画『ルックバック』不適切表現の指摘で一部修正 編集部「偏見や差別の助長につながることは避けたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月19日に漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて配信された、人気漫画『チェンソーマン』の原作者・藤本タツキ氏による新作読切『ルックバック』が、読者より作品内に不適切な表現があると指摘を受けたことから一部修正された。少年ジャンプ+編集部が公式ツイッターで発表した。

【画像】どんな漫画?チェンソーマン風な独特な絵のタッチ…話題の新作読切

 ツイッターでは「『ルックバック』作品内に不適切な表現があるとの指摘を読者の方からいただきました。熟慮の結果、作中の描写が偏見や差別の助長につながることは避けたいと考え、一部修正しました」と説明している。

 同漫画は、小学生の藤野と不登校の京本2人の漫画を通した成長ストーリー。2人が描いた4コマ漫画が学年新聞に掲載されてから始まる“新時代青春”物語で、中学生、高校生…と彼女たちの人生を描いている。

 『チェンソーマン』第1部完結後初の長編読切で、驚異の143ページということもあり、久々の藤本作品を読んだファンからは「すげ…」「めちゃくちゃ面白い!」「天才だわ」「140ページで人生が描けるんだ…」「ルックバック、もう三周くらいしてる。一周目はif?あたりのところ4回くらい読み直してるし、実質6回くらい読んでるわ」「もう、最高だよ!」「衝撃すぎて何も言えない…」などと話題に。ツイッターではトレンド1位にランクインするなど大きな盛り上がりを見せた。

 また、『チェンソーマン』担当の林士平氏は自身のツイッターを20日に更新し「藤本タツキ先生最新読切『ルックバック』配信2日経たずで、400万PV突破致しました」と反響を報告している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事