『虹オオカミ』第1話 セイラ、勇気を出して思い伝える「どうしたら見てもらえるかな?」サプライズでTakiが連続出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ABEMAのオリジナル恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作『虹とオオカミには騙されない』(毎週月曜 後10:00)が、1日から放送スタートした。

【番組カット】セイラが思いを寄せるしゅうぞうはさくらと夜の海デートに…

 出演する女性メンバーは、『ViVi』専属モデルのアリアナさくら(さくら)、新人モデル・女優の安斉星来(セイラ)、女優の和内璃乃(りの)、ダンサーのmomoca(モモカ)、「徳川家康」という名前で活動し、SNSの総フォロワー数は250万人超えのTikToker・モデルの加藤乃愛(のあ)。男性メンバーは、SNSの総フォロワー数520万超えのモデル兼俳優の大平修蔵(しゅうぞう)、俳優の西岡星汰(しょうた)、俳優の堀海登(かいと)、アーティストのYOSHIKI EZAKI(エザキ)、俳優の山下航平(こうへい)。スタジオMCは横澤夏子、飯豊まりえ、滝沢カレン、神尾楓珠で、夏の恋物語の始まりの様子を温かく見守る。スペシャルゲストは、HKT48の矢吹奈子だった。

 全員の対面後、1泊2日のグループデートで距離を縮めることとなったメンバーたち。ホテルに到着すると、第一印象で最も気になった相手にそれぞれブレスレットを渡す“ファースト・ブレスレット”の時間が始まる。初日には男性メンバーから、2日目には女性メンバーからブレスレットを渡すこととなった。

 夜になり、海辺で2ショットとなったしゅうぞうとさくら。しゅうぞうは初対面の時から、一見クールな印象のさくらが時折見せる無邪気な笑顔に「すごいキュートだった」と魅了されている様子。「さくらと話してて楽しかった。ブレスレットをもらってください」としゅうぞうは真剣に想いを伝えると、それに対しさくらは「このあとどうしたらいいの」と照れていた。その後、静かに夜の海を見つめるさくらとしゅうぞうに対し、視聴者から「まるで映画みたい…」「穏やかな空気感なのに、顔面強すぎてドキドキする…」と反響が寄せられた。

 初対面時からモモカに引かれている様子だったしょうたは、夜の神社でモモカと2ショットに。神聖な大木の前で「願い事をしながら木を一周まわったら願いがかなうらしい」と言うと、2人で木を一周。願い事を終えたしょうたは「第一印象がモモカちゃんで、これからもっと仲良くなりたいなって思ってお祈りしました」とモモカに伝え、ブレスレットを渡す。最年少男性から、年上女性への熱心なアプローチにスタジオも「ドキドキする…」「一生懸命でかわいい」とコメント。その後、夜の女性部屋は感想で大盛り上がり。モモカはしょうたに対し、「一緒にいると年下って感じはしないんだけど、歳を聞いちゃうとやっぱ離れているなって」と胸の内を明かす。果たして、初日からアプローチを受けたさくらとモモカは誰にブレスレットを渡すのか。

 一夜明けセイラはモモカをテラスに呼び出す。前日しゅうぞうと2ショットとなったセイラは「第一印象しゅうぞうくんがいいなって…」と伝えていたが、しゅうぞうはさくらにブレスレットを渡したため、悩んでいる様子。そのためプライベートでしゅうぞうと親交があったモモカと話すことに。モモカのアドバイスに「そんな事できないよ~!」とジタバタする不器用なセイラに対して、「見た目のクールさと照れ屋な部分のギャップがやばすぎる!」といった声が寄せられた。

 ついに水族館でしゅうぞうと2ショットになったセイラは目が合うだけで照れてしまう。意を決して「誰が気になっている?」と尋ねるも、「今はさくらちゃん」と答えたしゅうぞう。沈黙ののち、「どうしたらしゅうぞうくんに見てもらえるかな?」と質問すると、しゅうぞうは「…ズルくない? それ質問にするの」と照れる。不器用ながらも真っ直ぐなセイラの姿にMC陣も「かわいい!」「本当ヒロインなんだよね!」と声をかけていた。

 番組最後、今回の新ルールである11人目のメンバーとして、前シリーズ『恋とオオカミには騙されない』に出演していた女性メンバーのTakiがサプライズで登場。スタジオは大興奮し、メンバーたちも驚きながらもTakiの参加を歓迎した。

 番組は、最高の恋を手にするために集まった男女が、デートや共同作業を通して、“真実の恋”をかなえようと奮闘。ただし、メンバーの中には、恋をしない「“ウソつき”オオカミ」が男女のどちらか一方に1人以上潜んでいる。予測不可能な恋の駆け引きと、自分の気持ちに本気で向き合うがゆえに生まれる男女の等身大でリアルな姿や自由な恋愛模様が最大の見どころとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事