“ワイスピ”ドミニクvsジェイコブの舌闘 楠大典&中村悠一の吹替版本編映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 常識に囚われず度肝を抜くアクションを繰り広げてファンを魅了する“ワイスピ”シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(8月6日公開)の日本語吹替版より、楠大典演じる兄・ドミニクと中村悠一演じる弟・ジェイコブが真正面から激突する本編映像が公開された。

【動画】日本語吹替版映像(ドムvsジェイコブの舌闘!)

 本作では、ドミニク役の楠をはじめ、レティ役の甲斐田裕子、ローマン役の松田健一郎、テズ役の渡辺穣、ミア役の園崎未恵、ラムジー役の坂本真綾、サン・カン役の川島得愛、サイファー役の田中敦子ら過去シリーズの声優キャストが再集結。

 さらに、ドミニクの弟にしてシリーズ史上最大の難敵となるジェイコブ役に中村、ジェイコブと手を組み世界を掌握する計画を企てるオットー役に神谷浩史、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)からのカムバックを果たす、ショーン役に浪川大輔、ショーンの仲間のアール役に下野紘、同じくショーンの仲間のトゥインキー役に木村昴が起用され、そうそうたる声優陣の声をイッキに楽しめる日本語吹替版も注目されている。

 今回解禁されたのは、兄ドミニク(楠)と弟ジェイコブ(中村)の一対一の口論からの緊迫したシーン。敵対視する関係に発展してしまった兄弟2人。余裕の笑みで振る舞うジェイコブの態度に対し、ドミニクは怒り爆発! 「今後は容赦しないぞ」と宣戦布告を放ち、真正面から銃を突き付け合う。弟ジェイコブが言い放つ一言は、兄ドミニクから過去告げられた一言のようだが…果たして二人の過去には何があったのか…? ベテラン声優2人のすごみを増した演技にも圧倒される。これまでのワイスピシリーズで描かれたものとは一味違う緊張感が漂うとともに、兄弟の確執が露になる重要なシーンだ。

 初のワイスピシリーズに参戦となった中村は声優決定発表時に「あのマッチョでクールでガソリンの匂いにむせ返るような”ワイスピ”に参加できるとは夢にも思わず、しかも”ドム”の関係者! 周囲の圧倒的オーラの登場人物に負けないよう気合を入れジェイコブへせりふを吹き込ませていただきました。本作での彼とドムの確執が生むドラマに期待して下さい」と、コメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事