体操・村上茉愛選手の“イケメン気質” 同級生の四千頭身・石橋遼大が明かす「トイレから帰ってきたら…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪・体操競技の女子種目別ゆかで銅メダルを獲得した村上茉愛選手(24)が、10日放送の日本テレビ系『スッキリ』に生出演。中学時代の同級生のお笑いトリオ・四千頭身の石橋遼大(24)が祝福に駆けつけ、共演を果たした。

【写真】中学時代から仲良し!村上茉愛選手とのプライベートショットを公開した石橋遼大(写真は2枚目)

 村上選手のエピソードを聞かれた石橋は「イケメン気質というか、内面がイケメンで。コロナ前に複数人でご飯を食べた時に、『ちょっとトイレ行ってくるわ』って、帰ってきたらお会計が済んでいた。だから先輩芸人にやるみたいに『ごちそうさまでした』ってあいさつしました」と紹介した。

 村上選手は「そのときはみんなに会えてうれしくて、おもてなしをしたくなった。みんな私に時間を合わせてくれて来てくれたので、感謝の気持で」と照れながら語った。

 また、石橋は2人の関係性については「クラスも一緒だったし、僕らの学校は数学と英語がランク分けされていて、僕らまったく勉強ができなかったので一番下のクラスで一緒でした」と明かした。

村上選手が銅メダルを獲得した今月2日、石橋は自身のインスタグラムで「東京五輪の体操女子種目別床で銅メダルを獲った村上茉愛が中学時代からかなり仲良い友達でして」と告白。昔からの友人の活躍に「友達がメダリストになるという最高の感覚を味わわせてもらいました。仕事も競技開始までには終わってリアルタイムで観てましたが、とんでもない興奮と感動。素人目に見ても分かる最高の演技でした」と喜んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事