映画『モータルコンバット』真田広之“スコーピオン”は井上和彦、浅野忠信“ライデン”は津田健次郎が吹替
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の真田広之、浅野忠信らが出演した映画『モータルコンバット』のダウンロード先行販売が8月25日、デジタルレンタルが9月29日、Blu-ray・DVDの販売&レンタルが10月20日より開始される。

【動画】映画『モータルコンバット』予告編(字幕版)

 劇場公開時は字幕版のみの公開だったが、今回のデジタル配信、Blu-ray、DVDには、日本語吹替版を初収録。主人公コール(演:ルイス・タン)は、アニメ『東京リベンジャーズ』で龍宮寺堅役を務める鈴木達央。浅野忠信が演じた、地球上の戦士たちの指南役ライデンの吹替は、アニメ『呪術廻戦』七海建人役や映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』カイロ・レンの吹替で知られる津田健次郎。真田広之演じるハンゾウ/スコーピオンは、アニメ『NARUTO-ナルト-』はたけカカシ役の井上和彦。ビ・ハン/サブ・ゼロ(演:ジョー・タスリム)は、アニメ『ゴールデンカムイ』野間役の田所陽向。

 本作は、過激で凄惨なシーン(フェイタリティ)が多く日本では未発売、あまりの過激さから“検索してはいけない言葉”にも認定された禁断のゲームが原作。ゲームのファンだった、DC映画『アクアマン』の監督や、人気ホラー映画「死霊館」シリーズのプロデューサーとして知られるジェームズ・ワンが製作。原作ゲームの歴史を尊重しゲームファンを満足させながら、新たなファンも獲得できるような切り口で作品作りに挑んだ。劇中には、原作を忠実に映像化した強烈で“フェイタリティ”という本作独特の残虐なトドメ技描写が満載されている。

 胸にドラゴンの形をしたアザを持つ総合格闘技の選手コールは自らの生い立ちを知らぬまま金のために戦う日々を送っていたが、ある日、魔界の皇帝がコールを倒すために放った最強の刺客サブ・ゼロに命を狙われる。コールは家族の危険を察知し、特殊部隊少佐ジャックスと女性戦士ソニアと合流。地球の守護者ライデンの寺院を訪れる。そこで太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”の存在と、自らが魔界の敵たちと戦うために選ばれた戦士であることを知る。コールは新たな仲間たちとともに、自らの秘められた力を解放し、家族、そして世界を救うことが出来るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事