マーベル映画『シャン・チー』カギを握る重要人物はこの6人!? 特別映像も公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マーベル・スタジオ映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(9月3日公開)より、本作のカギを握る登場人物たちが固い決意を感じさせるキャラクターポスターと、シャン・チーの力と<テン・リングス>にフォーカスした特別映像「一族に伝わる最強の“力”編」が解禁された。

【動画】『シャン・チー』一族に伝わる最強の“力”編

 キャラクターポスター化された6人は、いずれもストーリーのカギを握る重要人物。一族に伝わる伝説の力<テン・リングス>を受け継ぐ後継者として育てられ、最強の力を持ちながらも、自らの宿命から逃げ出したシャン・チー(シム・リウ)。力を封印し、「二度と戦わない」と決意した彼は再び脅威と向き合い、葛藤しながらも“本当の強さ”に目覚めていくこととなる。

 そのシャン・チーの親友・ケイティ(オークワフィナ)は、偶然にもシャン・チーの正体を知ることになりながらも常に彼に寄り添い「どんな秘密があっても、ずっと味方だから」と、自らも戦いに飛び込んでいく勇敢さを見せる。

 復讐のためにシャン・チーを最強の後継者として育て上げ、最凶の父であり犯罪組織のリーダーでもあるシュー・ウェンウー(トニー・レオン)は「失ったものは、“力”で奪い返す」と<テン・リングス>を両腕にまとい、冷酷な表情を見せている。

 その他にも、シャン・チーが自らの運命から逃げ出したことで自分を守るために心を閉ざし、孤高の戦士となった妹・シャーリン(メンガー・チャン)、シャン・チーの伯母であり、伝説の地、ター・ローの戦士であるイン・ナン(ミシェル・ヨー)、そしてウェンウーへの強い忠誠心を持ち、シャン・チーを狙う刺客デス・ディーラーがポスターになって名乗りをあげた。どういった活躍を見せるのかにも注目だ。

 特別映像「一族に伝わる最強の“力”編」では、冒頭からいきなりファイトクラブで戦うことになったシャン・チーの姿が。これまで名前を変え、自らの力を封印し”普通の人生”を送ろうとしていたシャン・チー。しかし、一族に伝わる伝説の力<テン・リングス>を受け継ぐ後継者として育てられた彼は、その運命に抗いながらも、飲み込まれていくこととなる…。

 映像では、暴走するバスの中でハラハラするような間一髪のアクションや<テン・リングス>の能力を使った迫力の戦闘シーンも展開。「父さんとは違う」とその運命と決別しようとするものの、最強の力である<テン・リングス>をめぐって再び過去と向き合うことでついに “本当の強さ”を手に入れたシャン・チーは、“世界の脅威”となった父親とどんな戦いを見せるのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事