キンプリ、5人で初の「シンデレラガール」フルコーラス 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレビ系『24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。』メインパーソナリティーを務めたKing & Princeが22日、放送直後のリモート会見に出席した。

【写真】『24時間テレビ』キンプリのLINEスタンプが登場

 番組終盤に、5人は視聴者や番組出演者から寄せられたデビュー曲「シンデレラガール」のダンス動画とともに2番までパフォーマンス。彼らしく明るく華やかに、ラストスパートを飾った。

 神宮寺勇太は「僕たちKing & Princeは6人でスタートしました。同じ想いを共有する大切な仲間。ラミレスさん、黒柳(徹子)さん、24時間テレビでたくさんの仲間と出会い、改めてかけがえのない想いだと強く感じました。どんなに離れていてもその想いがあれば絆は強くなっていくと僕たちは信じています」とグループの歩みにも触れた。

 会見で、改めて思いを問われると脱退した岩橋玄樹への思いを問われると神宮寺は「5人でフルコーラスを歌うのは今回が初めてだったんですよ。今まで玄樹のパートもずっと歌っていなかった」と語る。

 そして「今回、この『24時間テレビ』でたくさんの方に、出会ったことで改めて思いを、たくさん感じ取ることができた。違う場所にいても、離れていても、思いを強く持てば絆はずっと存在し続けるだろうなと僕は感じた。それを踏まえての『シンデレラガール』だった。もちろん日本中、世界中の方にも歌いましたし、玄樹のためにも歌いました」と思いを口にする。「きっと玄樹にも届いていると思います」と語っていた。

 「シンデレラガール」の岩橋のパートは『Prince』として岩橋とともに活動した岸と神宮寺で担当。2人で3本の指を立てる仕草をカメラに向け、ファンから反響を呼んでいた。

 今年のテーマは『想い~世界は、きっと変わる。』。昨年と同じく国技館より無観客で生放送され、対面募金は実施しない。メインパーソナリティーはグループ初挑戦となるKing & Princeが務め、チャリティーパーソナリティーは菅野美穂、スペシャルサポーターはチョコレートプラネット、24時間テレビサポーターは徳光和夫、総合司会は羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサーが担当した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事