キンプリ岸優太、城島茂“魂のリレー”に「男の姿を感じました」 『24時間テレビ』終えベッド心待ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレビ系『24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。』メインパーソナリティーを務めたKing & Princeが22日、放送直後のリモート会見に出席した。

【写真】『24時間テレビ』キンプリのLINEスタンプが登場

 2年連続での大役を終えた岸優太は「安堵ですね。シンプルにめちゃくちゃ緊張しましたね。生放送で」と振り返る。「きょうは気持ちよく寝れそう。ベッドが楽しみですね」と会心の笑顔を見せると、永瀬廉から「1番、素直な気持ちだね」と合いの手を入れられていた。

 また、募金リレーの最終走者は“リーダー”の先輩であるTOKIOの城島茂が務めた。岸は「男の姿を感じました。力強くゴールした瞬間もそうですし、走っている間もあれだけずっと笑顔をキープされるのは難しいこと」と驚く。「刺激を受けました。普段の城島さんもカッコいいんですけど、ギャップといいますか…。男の姿を見させていただきましたね」と口にしていた。

 今年のテーマは『想い~世界は、きっと変わる。』。昨年と同じく国技館より無観客で生放送され、対面募金は実施しない。メインパーソナリティーはグループ初挑戦となるKing & Princeが務め、チャリティーパーソナリティーに菅野美穂、スペシャルサポーターにチョコレートプラネット、24時間テレビサポーターに徳光和夫、総合司会に羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサーが起用された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事