小池徹平、出演の『おかあさんといっしょ』で息子の映画館デビューへ オファーは「むちゃくちゃうれしかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の小池徹平(35)が23日、都内で行われた映画『おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!』(9月10日公開)の公開直前プレミア上映会の舞台あいさつに登壇した。

【写真】ぼよよ~ん!驚異のジャンプ力を見せる横山だいすけ

 プライベートでは2児の父である小池は、NHKで放送されている『おかあさんといっしょ』に日頃から親しんでいるそう。そんな中での出演オファーに「普段から見させてもらっている『おかあさんといっしょ』に出させていただけるなんて、むちゃくちゃうれしかった」と会心の笑顔。「自分の子どもと一緒に見るのもそうですけど、大好きなお兄さん、お姉さんたちの中に入って、同じようなご家庭の皆さんに楽しさを届けられるといううれしさもスゴかった」としみじみ口にした。

 この日、集まった子どもたちの中には映画館デビューする子も多かった。小池は「うちの息子も映画デビューになる。スクリーンを指差して『パパ~』とか言ったら、ちょっと恥ずかしい気持ちにもなるかも(笑)。どんな反応があるのか楽しみですね」とにっこり。劇場に集まった子どもたちをながめると「こっちもハッピーな気分になる。また、こういうお仕事がしたい。新鮮で楽しいです」と頬が緩みっぱなしだった。

 本作は、いつも仲良しなお兄さんお姉さんたちがケンカをしてバラバラになり、いろいろなヘンテコ世界に飛ばされ大変なことに! お兄さんお姉さん、「ガラピコぷ~」のみんなが繰り広げる笑顔と涙の大冒険を描く。小池は<ヘンテコ世界の審査官>役として登場する。

 また、本作には、指さしや拍手で参加するクイズ、座ったまま体を動かせる「からだ☆ダンダン」など、子どもたちがコロナ禍でも楽しめる工夫が満載。上映中も劇場内を真っ暗にせず、安心して鑑賞できる上映環境で、子どもたちのファーストムービーにぴったり。映画のラストには、スクリーンのお兄さんお姉さんたちと一緒に〈記念写真撮影タイム〉もあり、映画館デビューの思い出を残すこともできる。

 舞台あいさつには、横山だいすけ、西川貴教も参加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事