綾瀬はるか、新型コロナ感染 肺炎の症状で入院 所属事務所「回復に向かっております」【コメント全文】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の綾瀬はるか(36)の所属事務所・ホリプロは8月31日、綾瀬が新型コロナウイルスに感染したことを報告するとともに、肺炎の症状が見られたため入院したことを発表。現在は「回復に向かっております」と伝えた。

【写真】ドキドキ…“キス顔”を披露した綾瀬はるか

 サイトでは「綾瀬はるかですが、20日夜、微熱があり抗原検査を行いましたが陰性でした。翌日、念のため都内クリニックでPCR検査も受けましたが陰性。症状は治まっていましたが、その後発熱が続き抗原検査をしたところやはり陰性」と、これまでの経緯を説明。「しかし26日、再診し抗原検査をしたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました」と報告した。

 続けて「自宅療養をしていましたが、肺炎の症状が見られたため都内病院に入院。現在は回復に向かっております。濃厚接触者に当たると思われる方々には個別にご連絡をしております」とし「ファンの皆様並びに関係各所にはご心配とご負担をおかけいたします。今後とも医療機関・保健所の指示を仰ぎながら、回復に専念するとともに、私どもとしましては、より一層感染拡大防止に努めてまいります」と記した。

■コメント全文
綾瀬はるかですが、20日夜、微熱があり抗原検査を行いましたが陰性でした。
翌日、念のため都内クリニックでPCR検査も受けましたが陰性。症状は治まっていましたが、その後発熱が続き抗原検査をしたところやはり陰性。
しかし26日、再診し抗原検査をしたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました。
自宅療養をしていましたが、肺炎の症状が見られたため都内病院に入院。現在は回復に向かっております。
濃厚接触者に当たると思われる方々には個別にご連絡をしております。

ファンの皆様並びに関係各所にはご心配とご負担をおかけいたします。
今後とも医療機関・保健所の指示を仰ぎながら、回復に専念するとともに、私どもとしましては、より一層感染拡大防止に努めてまいります。

株式会社ホリプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事