ジョージ・A・ロメロ監督の知られざる傑作 『ザ・クレイジーズ』『マーティン』予告編公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968年)、『ゾンビ』(1978年)など、ゾンビ映画の第一人者であり、ホラー映画の 巨匠で、2017年に他界した故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が、半世紀を経て日本初公開。本作の公開を記念して、ロメロ監督作品『ザ・クレイジーズ』(1973年)、『マーティン/呪われた吸血少年』(1977年)も劇場公開されることが決定。両作の予告編と新たな場面写真が解禁となった。また、東京のほか大阪・愛知・神奈川・沖縄でも上映が決定した。

【動画】『ザ・クレイジーズ』『マーティン』予告編

 1978年に『 ゾンビ』を発表し、全世界を恐怖のどん底へ叩き落し、以降の“ゾンビ映画”というジャンルを確立した故ジョージ・A・ロメロ監督。『ゾンビ』発表以前の1973年に監督した『ザ・クレイジーズ』は、人間を発狂させる細菌兵器の事故による人々の混乱をセミ・ドキュメントタッチな設定と残酷描写を交えながらの狂人、軍人、生存者の手に汗握る三つ巴で描いたパニック・ホラー。

 予告編では、ガスマスクと白い化学防護服に身を包み、銃を手にした軍隊が武力で街を隔離するシーンから始まる。子どもたちは怯え、家族は逃げ惑う。抵抗する人々、銃撃戦、少しエロ、感染地帯となり狂気が満ちた平和だった街が映し出される。70年代アメリカを感じる古めかしいナレーションとともに、「彼らはクレイジーズから逃げられるか?」で締めくくられる。

 『ザ・クレイジーズ』に続いてロメロが監督した劇場用映画『マーティン/呪われた吸血少年』は、現代を舞台に人間の血を求める少年(自称84歳)と彼を監視する老人との確執を軸に、ドラキュラに代表される吸血鬼伝説を描いた作品。ロメロは「自身の手掛けた作品の中で、最も気に入っている」と公言して おり本作にはロメロも出演している。

 予告編は、主人公のマーティンがナビゲーターになり、「普通になりたい」「血を飲まないと死ぬ」と、映像とともに状況を説明する。“悪魔め”と罵られながら血を求める。「楽な生き方じゃない」「いつも用心している」「捕まったことはない」のナレーション、そして警察に追われる。定番のニンニク、十字架を突き付けられ、「人は理解してくれない」「僕を吸血鬼と呼び、怪物扱いする」、そしてマーティンの姿が一変! 「みんなと同じになりたい」「好きでやってるんじゃない」と語る。最後のタイトルコールのエフェクトにノスタルジーを感じつつ、逆に新しさも感じる作りとなっている。

 10月15日より、東京・新宿シネマカリテにて公開。以降、大阪・シネマート心斎橋、愛知・名古屋シネマテーク、神奈川・横浜シネマリン、沖縄・桜坂劇場ほかにて順次、『アミューズメント・パーク』とともに3作公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事