映画『MINAMATA』本予告解禁 ジョニー・デップ、真田広之、國村隼ら場面写真も到着
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョニー・デップが主演する映画『MINAMATA-ミナマタ-』(9月23日公開)の新着情報として、本予告と新たな場面写真が9点到着した。

【動画】映画『MINAMATA』本予告

 熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめた写真集「MINAMATA」(1975年)が出版されるまでの物語。報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージン・スミスは、当時の妻アイリーン・美緒子・スミスとともに1971年から74年の3年間、水俣で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていった。その濃密な日々をドラマチックに描く。

 本予告は、世界的な評価を得ながらも戦争で心に傷を抱えた写真家ユージン・スミス(ジョニー・デップ)のもとに、アイリーン(美波)が訪ねる場面からはじまる。危機にある水俣の状況に驚愕しながらも、その実態を世界に伝えるため、人々と共に立ち上がるユージン。彼の目とカメラを通し、苦悩の瞬間に浮かぶ一瞬の命の輝きや、困難を乗り越えようとする人々の固い絆が、坂本龍一のエモーショナルな楽曲にのせ映し出されていく。また、今回の予告では新たに、真田広之、國村隼、美波ほか日本人キャストの姿も垣間見ることができる。

 新着の場面写真は、ユージンの志に共鳴し、真実を伝えるためにカメラを持ち闘った伝説の写真家に扮するジョニー・デップの姿(写真1)をはじめ、チッソに補償を求める活動のリーダー、ヤマザキを熱演した真田広之(写真2)やチッソの社長を演じた國村隼の出演シーン(写真3)。ほかユージンのパートナーとして、強い信念を持ち存在感を放つアイリーン役の美波(写真4)、水俣病の症状に苛まれながらもその複雑なキャラクターを繊細に演じたキヨシ役の加瀬亮(写真5)、水俣病の被害で生まれつき目が見えず話せない娘を持つマツムラ夫婦の夫役・浅野忠信(写真6)とその妻を演じた岩瀬晶子(写真7)。ふたりが苦悩しながらも、娘に愛情を注ぐ演技に注目だ。

 そして、映画『うみべの女の子』で注目を浴びている新鋭の青木柚が演じる、ユージンとカメラで心を通わす水俣病患者の青年シゲル(写真8)、ユージンの写真家としての腕を信じる「LIFE」の編集長ロバート・ヘイズ役の英国アカデミー賞受賞俳優のビル・ナイ(写真9)ら、主なキャストを確認できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事