小芝風花『めざましテレビ』9月のエンタメプレゼンターに就任「温かい目で見ていただけるとうれしいです」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の小芝風花が、フジテレビ系『めざましテレビ』(月~金 前5:25)の9月のマンスリーエンタメプレゼンターに就任することが決定した。小芝は「原稿読みとかにもチャレンジできるというので、今からとても楽しみです。朝の情報番組は初めてなので、温かい目で見ていただけるとうれしいです」と呼びかけている。

【特集】これまでの『彼女はキレイだった』あらすじ振り返り(写真あり)

 小芝が『めざましテレビ』にスタジオ生出演するのは初めてで、情報番組のプレゼンターには初挑戦となる。6時台のエンタメコーナーをはじめ「イマドキ」「めざましじゃんけん」、生原稿読みなどを行い、7時台からはMCとして番組終了まで登場し、エンタメ担当の軽部真一アナウンサーとともに、さまざまなエンタメニュースを伝える。

 小芝は、同局連ドラ『彼女はキレイだった』(毎週火曜 後9:00)で、Sexy Zone・中島健人とダブル主演中。才色兼備の完璧美少女から冴えない無職の残念アラサー女子になった佐藤愛(さとう・あい)役を務めている。チーフプロデューサー・高橋龍平氏は「第5話でキレイに大変身を遂げ、ツイッター世界トレンド1位を獲得するなど大反響を呼んでいる小芝風花さん。朝の生放送で、多くの視聴者の心のスイッチをONにしてくれると考え、今回オファー致しました。情報番組のプレゼンは初めてということですが、せっかくですのでさまざまなプレゼンに挑戦していただきます」と期待を寄せる。

 就任を受け、小芝は「『朝早く起きられるかな?』と心配な気持ちもあったのですが、朝の情報番組を担当させて頂けることはとてもうれしいです。身が引き締まる思いがします。みなさんを元気に送り出せるように、ステキな一日が始まるように楽しくできたらいいなと思います」と意気込み。

 また、番組については「明るくて、楽しそう、アットホームな印象です。朝の準備をしている時に見ていますが、みなさんニコニコされていて、良い人の集まりというイメージがあります。“きょうのわんこ”も大好きです」とお気に入りのコーナーも紹介している。出演は7日、14日、21日を予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事