BTS、海外アーティスト初の「合算アルバム」累積100万ポイント突破【オリコンランキング】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 男性7人組グループ・BTSの最新アルバム『BTS, THE BEST』(6月16日発売&配信開始)が、週間0.7万PT(6,909PT)を記録し、9/13付の最新「オリコン週間合算アルバムランキング」で8位にランクイン。これで、換算累積売上ポイントは100.6万PT(1,006,323PT)【※1】となり、累積100万PTを突破した。

【一覧】BTSの主な作品

 「合算アルバムランキング」の累積100万PT超えは、嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』(2019/7/8付)、米津玄師『STRAY SHEEP』(2020/8/17付)に次ぐ史上3作目【※2】、海外アーティストでは初、さらに今年度【※3】初の達成となった。

 6/28付「オリコン週間アルバムランキング」で初週売上78.2万枚を売り上げ、今年度【※3】最高初週売上で初登場1位(翌週7/5付、翌々週7/12付も1位)を獲得した本作は、BTSのベストアルバム。「海外男性アーティストの初週売上枚数」【※4】では、自身の『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』が持つ歴代1位を自己更新した。このCD売上枚数のポイントが大きく牽引したほか、デジタルアルバム、ストリーミングでも数字を積み上げ、初登場から12週目で「合算アルバムランキング」の累積ポイントが100万PTに到達した。なお、現在本作はCDアルバムで95.7万枚を売り上げており、売上枚数100万枚突破間近となっている。

 そんな本作には、2017年以降に日本でリリースした楽曲が詰まっており、「Dynamite」や日本オリジナル曲「Film out」など全23曲が収録されている。

【※1】ポイントの内訳…CDアルバム:95.7万PT(957,202PT)/デジタルアルバム:1.7万PT(17,063PT)/ストリーミング:3.2万PT(32,058PT)
【※2】「オリコン合算アルバムランキング」累積歴代TOP5(2021/9/13付現在)/1位:米津玄師『STRAY SHEEP』(2020/8/5発売) 223.7万PT、2位:嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』(2019/6/26発売)220.3万PT、3位:BTS『BTS, THE BEST』(2021/6/16発売)100.6万PT、4位:嵐『This is 嵐』(2020/11/3発売)97.3万PT、5位:Official髭男dism『Traveler』(2019/10/9発売)96.2万PT
【※3】今年度は、「2020/12/28付」よりスタート
【※4】「海外男性アーティストの初週売上枚数」記録/1位:BTS『BTS, THE BEST』(2021年6月16日発売)78.2万枚、2位:BTS『MAP OF THE SOUL : 7 ~THE JOURNEY~』(2020年7月15日発売)56.4万枚

※「週間合算アルバムランキング」は「2018/12/24付」よりスタート
<クレジット:オリコン調べ(9/13付:集計期間:8月30日〜9月5日)>

【合算アルバムランキングとは】
合算ランキングとはCDの売上枚数、デジタルダウンロードのDL数、ストリーミングの再生数を合計した音楽ランキング。オリコンではCDランキング、デジタルダウンロードランキング、ストリーミングランキングをそれぞれ発表した上で、それらを総合した「オリコン合算アルバムランキング」を発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事