『うきわ』第6話 ベランダを越えてしまった麻衣子に2つの修羅場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ東京系の連続ドラマ枠「ドラマプレミア23」第3弾として、野村宗弘の「うきわ」(小学館ビッグスピリッツコミックス)を原作とした『うきわ ―友達以上、不倫未満―』(毎週月曜 後11:06)が放送中。第6話(13日放送)は?

【動画】『うきわ―友達以上、不倫未満―』第6話予告

 これまで平々凡々に生きてきた、自称“可もなく不可もない”主人公・中山麻衣子役に門脇麦、麻衣子の隣室に住んでおり、麻衣子の夫の上司でもある二葉一役に森山直太朗。ベランダでの会話を機に仲良くなる麻衣子と二葉さん。二人の共通点は配偶者に浮気されていること。そんな二人の距離は、不倫まで壁一枚だったのだが…。

 第5話で、ベランダの壁を、ついに越えてしまった麻衣子。驚く二葉さんに気持ちを伝えようとしていると、そこに二葉さんの妻・聖さん(西田尚美)が帰宅する。焦る2人…。事情を説明しようと言う二葉さんを振り切り、麻衣子はベランダをつたい303号室に戻ろうとする。そんな逃げ惑う二人に、予想外のことが起きて…!?

 さらに会社の納涼祭で、麻衣子の夫・たっくん(大東駿介)の不倫相手・福田さん(蓮佛美沙子)と出会ってしまう麻衣子。休んでいたトイレで福田さんと後輩・愛宕さん(小西桜子)の会話を偶然聞いてしまう。女子トイレで修羅場が巻き起こる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事