指原莉乃P、=LOVE『Mステ』初出演で2年半ぶりスタジオに「自分が出るときより緊張」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 指原莉乃プロデュースの11人組アイドルグループ=LOVE(イコールラブ)が、きょう17日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後9:00)に初出演する。スタジオには指原が駆けつける。

【写真】=LOVEプロデューサーの指原莉乃、キスマイら出演アーティスト

 “イコラブ”の愛称で親しまれる=LOVEが披露するのは9枚目シングル「ウィークエンドシトロン」。作詞は指原、ラップ部分の作詞はフワちゃん、ミュージックビデオの監督は元AKB48の峯岸みなみが担当した。

 指原はフワちゃんの初作詞に関して「すごいセンスで驚きました。フワちゃんが実際に仮歌を録ってくれて、それをメンバーが聴き込んでからレコーディングしたんです」と明かし、「メンバーの年齢に合わせて、アイドルソングに多い学生の恋愛ソングではなく、週末を楽しみにお仕事頑張ろうね〜っていうポップなラブソングになっています」と語った。

 メンバーたちは念願のMステ初出演決定を次回予告で知ったという。大谷映美里は「メンバー全員でいたところに指原さんから電話が来て、テレビを観てと言われ、『Mステ』の次回予告を見て…驚きで固まりました」と振り返り、「ずっと夢だったのですごくうれしかったです!」と喜ぶ。

 リーダーの山本杏奈は「今できる最高の形でパフォーマンスをお届けするので、=LOVE にとっての歴史的な瞬間を一緒に過ごしてほしいです!」と呼びかけ、「“#イコラブMステ”で永遠のトレンド入りを目指します!」と意気込みを語った。

 指原はHKT48卒業直前に出演した2019年4月26日以来、2年半ぶりにMステのスタジオに登場する。「まさかまたMステのスタジオに来ることができるとは思っていなかったので、メンバーに感謝です」と喜びつつ、「でも自分が出るときより緊張しますね(笑)。緊張しながら見守ります」とプロデューサーとしての本音ものぞかせた。

 このほか、人気アニメソング企画では、YouTuberピアニスト・ハラミちゃんが、アニソンの名曲の数々をピアノメドレーで披露。ファーストサマーウイカは自身初のカバー曲として、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」を披露する。

■『ミュージックステーション』出演アーティスト
=LOVE「ウィークエンドシトロン」
Kis-My-Ft2「Fear」
Creepy Nuts「のびしろ」
斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)×ハラミちゃん「シュガーソングとビターステップ」
ハラミちゃん「大ヒットアニソン ピアノメドレー」
ファーストサマーウイカ「残酷な天使のテーゼ」
L’Arc~en~Ciel「FOREVER」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事