中村獅童、出演中の南座『九月南座超歌舞伎』19日まで休演 発熱の症状出るもPCR検査「陰性」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 南座『九月南座超歌舞伎』に出演していた歌舞伎俳優の中村獅童(49)が、発熱の症状で17日の公演を休演したと17日、公式サイトで発表された。PCR検査の結果「陰性」判定となったが、松竹のガイドラ インに則り、19日まで休演する。

【写真あり】Tシャツは長男がデザイン!“親子ペアルック”姿の陽喜くん&中村獅童

 公式サイトによると「南座『九月南座超歌舞伎』(9月3日~26日 休演日13、21日)に出演しております中村獅童は、発熱の症状があり、9月17日(金)の公演を休演いたしました」と説明。「本日PCR検査を実施した結果、『陰性』判定であり、ワクチンも二回接種済ではございますが、松竹ガイドラインに則り、大事をとって19日(日)まで休演いたします」と伝えた。

 18、19日は休演するとし、中村獅一、澤村國矢が代役を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事