『はめふら』映画化決定 CMなど公開で内田真礼「ビックリした」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』(はめふら)が映画化されることが決定した。あわせて記念ビジュアルとCM、声優・内田真礼からのコメントが公開された。

【動画】悪役顔のカタリナ…公開された映画化記念の動画

 ビジュアルは、カタリナの困惑を感じさせる仕上がりになっており、CMは悪役顔が極まっている場面も。カタリナ役の内田は「まさかの映画化!?それはもうカタリナたちと同じ反応でした!ビックリしたし、うれしかったし、1期の終わりに2期が発表された時も「はやーいっ!!」と思いましたが、このスピード感も含めて「はめふら」の良さですね♪みな
さん!カタリナの活躍、期待していて下さいね!」と喜んでいる。

 同作は、公爵令嬢・カタリナ・クラエスが、頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻す。そして、ここが前世で夢中になっていた乙女ゲーム『FORTUNE LOVER』の世界であり、自分がゲームの主人公の恋路を邪魔する悪役令嬢であることを知る。ゲームでカタリナに用意されている結末は、ハッピーエンドで国外追放…バッドエンドで殺されてしまう…そんな破滅フラグを回避して幸せな未来を掴むために奮闘するラブコメディー。テレビアニメ第2期が17日深夜に最終回を迎えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事