【きょう発売】Snow Man、異例の1年間で『non-no』3度目表紙飾る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・Snow Manが、きょう18日発売の雑誌『non-no』(集英社刊)特別版表紙に登場している。1stアルバム『Snow Mania S1』発売や初のアリーナツアーを予定するなど話題に事欠かない同グループが、2020年11月号特別版の初表紙からちょうど一年。そのたびに反響を呼び、今回で3度目のカバーを担当。同じ男性(グループ)が1年間で3回も表紙を飾るのは異例中の異例。読者からのラブコールによって実現した。

【写真】通常版11月号の表紙を務める堀田真由

 12ページにわたるインタビュー特集『Snow Man 君と出会って』では“出会い”をテーマに撮影と対談・鼎談を敢行。向井康二とラウールの対談では、間もなくスタートするアリーナツアーについても話がおよぶ。

 向井が「デビューしてから、まだライブでファンの人と会ってないんよなぁ」と話すと、ラウールが「デビュー後の初ライブは配信だったから、早く会いたい?」と質問。向井が「“会いたい”って言うか、“会いたいやろ?”って感じかな(キリッ)」と返す場面も。さらに向井は「こっちのワクワクはたまってるから、みんながついてこれるか心配よ」と強気を見せると、ラウールも「確かに。俺はペンライトがメンバーカラーで染まるところが見たいな」と期待に胸を膨らませた。

 ファンとの出会い、メンバーとの出会い。さまざまな出会いについて語ってくれたインタビューはもちろんのこと、メンバー同士のHAPPYな関係をとらえた写真にも注目。今号では他にも、CDデビューが決まったばかりのなにわ男子・道枝駿佑と長尾謙杜のファッション特集『ミチナガメガネ。』も掲載。大好評のKing & Princeの連載には高橋海人(※高ははしごだか)と神宮寺勇太が登場。東京五輪の金メダリスト、スケートボードの堀米雄斗選手のインタビュー特集も掲載されている。

 なお、通常版表紙には女優の堀田真由が登場。表紙以外の掲載内容は同じとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事