田中圭×中谷美紀、「泣きっぱなし」「笑って楽しめた」『総理の夫』対談
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シリアスからコメディまで硬軟自在に演じ分け、今や出演作が途切れることのない田中圭が、突然の“ファーストジェントルマン”という大役に振り回される、かつてない設定の映画『総理の夫』(9月23日公開)。田中が演じる相馬日和(そうま・ひより)の最愛の妻で、日本初の女性総理となる凛子役で共演するのは中谷美紀。2人にそろって本作の魅力を語ってくれた。

【動画】どんな映画かがよくわかるWEBスポット5連発

 原作は、山本周五郎賞、新田次郎文学賞作家の原田マハの同名小説。大財閥の次男に生まれ何不自由なく暮らしてきた、世間知らずのお坊ちゃん、日和。鳥を溺愛する生粋の“鳥オタク”だった日和が、一目惚れの末に結婚したのは、年上のパーフェクト美女、凛子。鳥好きが高じて鳥類研究所で嬉々として働く日和と、政治の世界に身を置き多忙な日本初の女性総理大臣に就任し、日和は日本初の“ファーストジェントルマン”にかつぎあげられる。お人よし&根っからの坊ちゃん気質でいろいろ抜けている日和は、突如生き馬の目を抜く政界の荒波に放り込まれることに…。

――“巻き込まれ型主人公”を演じる田中さんが好きな映画・ドラマファンは多いのではないでしょうか?

【田中】巻き込まれ系、多いですからね(笑)。今回の日和は、何もしない主人公というか、巻き込まれ型の最たるもの。お芝居としては、ほとんどがリアクション芝居になりますが、ここで二度見したら観客はもっと笑ってくれるかな?とか、やろうと思ったらいくらでもアイデアは出てくるのですが、そういう役者としての欲を封印して、リアクションにおいても何もしないことに徹しました。

【中谷】日和さんが、余貴美子さんが演じるお母様と片岡愛之助さんが演じるお兄様の板挟みになるシーンとか、本当に面白かった! 田中さんは「何もしないようにした」とおっしゃいましたが、間合いがお上手なんですよね。人を泣かせようとするより、笑わせる方が難しいと常々思っていますが、田中さんの絶妙な間のとり方は勉強になりました。

――才色兼備で誰よりも男前な凛子役もハマっていたと思います。

【田中】凛子みたいな人がいたら、総理大臣になってほしいと思います。現場で中谷さんが演じる凛子を見て、リアルに出馬したらイケるんじゃないか、と思ったくらいでした。

【中谷】そうみえるように本に書いてあって、衣装も用意していただいて、演出もしていただいて、かつ日和さんのような夫に支えていただいて、そう見えたんだと思います。もし、私が出馬して何かの間違いで総理大臣になってしまったら、文化に予算をかけすぎてしまい、別の問題が発生するかもしれません(笑)。

――日本ではまだ誰も見たことがない女性総理大臣・ファーストジェントルマンを演じるのは難しかったですか?

【中谷】世界に目を向けると、台湾の蔡英文総統、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン委員長など、活躍している女性リーダーはたくさんいます。彼女たちを見ていて思うのは、アンガーマネジメントがきちんとできているな、ということ。女性であるがゆえに、不当な扱いを受けたとしても顔に出したりせず、声を荒げることもなく、直情的な反応をしない。ですが、然るべき時には感情を顕にすることもある。そのバランスがすばらしいと思っていました。この日本で女性が総理大臣になるということを信じていただけるだろうか、という不安はありますが、ひとりの女性が、ジェンダーにとらわれることなく、リーダーシップを発揮し、国民に奉仕する役を演じられたのはとても幸せでした。

【田中】女性が総理大臣になることもあるんじゃないか、という感覚はあったので、そんなに突飛な設定でもないなと思いました。実は、完成した映画を初めて試写で観た時、後半の1時間くらいずっと泣きっぱなしだったんです。総理大臣になった女性の気持ちがわかる人なんて、一人もいないはずなのに、凛子の思いや、凛子を支える人たちの気持ちがなんだかすごくわかるなぁ、と思えて。登場人物全員、個性豊かで癖が強いんだけど輝いていて、感情移入できたんです。ほかに何人か試写室にいたはずですが、すすり泣きは聴こえてこなかったので、泣いているのは自分だけ? 気づかないうちにものすごくピュアになったのか、病んでいるのか、どっち?と思いながら見ていました。観終わった後に、ものすごくいい映画じゃん!と思いました。

【中谷】私も自分が出ていることを忘れて楽しめました。先ほど申し上げたような板挟みになっている日和のシーンとか、クスクスと笑えるところがたくさんありました。笑えたからこそ、みこしに乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人、それぞれの場所でそれぞれが力を尽くしていく姿に胸を打たれました。

■日和と凛子を見て思う、夫婦円満の秘けつとは?

――結婚12年目でラブラブ、日和と凛子は理想の夫婦では?

【田中】理想の形っていっぱいあると思いますが、日和と凛子のカップルは間違いなくその一つだと思います。

【中谷】難しいな、と思ったのは、男女の役割が反対になっただけで、本当にお互いに平等、対等なのか、ということですよね。「凛子の政治理念を貫くために、日和が犠牲になっているのではないか」という葛藤が原作にも、映画にも描かれています。これは、全ての働く女性と、そのパートナーの生き方についての物語なんだと思います。日和の実家が大財閥の素封家、というのもポイントなんですよね。凛子は相馬家の経済的支援をあてにして結婚したわけではありませんが、選挙資金に困る心配がないからこそ、どこまでもクリーンに自分の理想を追求できるのかもしれない。とても難しいパラドックスがこの物語はあると思います。

【田中】凛子と日和だったら、裸一貫からでもやるんじゃないかな。日和だったら、カッコよくて美しい自慢の凛子と二人三脚で頑張れると思います。

【中谷】模範解答、さすがです!

――日和と凛子を見て思う、夫婦円満の秘けつとは?

【田中】リスペクトじゃないですかね。日和が凛子をリスペクトしているだけでなく、凛子も日和の鳥の研究をリスペクトしてくれている。時に意見がぶつかることがあっても、いい落としどころを見つけられると思うし、それぞれやりたいことをやっているから支え合うこともできるのではないかな。

【中谷】私もそう思います。お互いを尊重して認め合うって、簡単なような、難しい、でもできないことではないですよね。

スタイリスト:伊里瑞稀(田中)岡部美穂(中谷)
ヘアメイク:花村枝(MARVEE)(田中)、下田英里(中谷)
撮影:伊藤彰紀(aosora)、AKINORI ITO(aosora)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事