Snow Man・深澤辰哉『anan』ソロ初表紙で“大人の色気”全開 メンバーとの秘話も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・Snow Manの深澤辰哉が、29日発売の『anan』(マガジンハウス)2268号の表紙と巻頭グラビアを飾る。初のソロ表紙を飾る今回、誰もがドキッとするスタイリッシュな仕上がりとなった。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 今回のグラビアは、深澤が講師として読者を導くトークセッションをイメージ。「Session1 攻め込む」では、表紙にもなったスマートな全身ブラックのコーディネートで、ビシッと決めたオンの場からオフになるスーツを着崩した瞬間を激写している。「Session2 寄り添う」では、遊び心のあるポップなスタイルで、親しい仲間と会話中のコロコロ変わる表情を披露している。

 「Session3 受け止める」は、白を基調にしたクリーミーな光の世界の中で、やさしくカーテンと戯れ、プライベートなやさしさを表現。「Session4 誘う」では空気感が一変し、ぬれ髪の無防備な姿で誘い、誰もがひきつけられる大人の色気が全開となっている。

 インタビューでは「Snow Manにとって、会話はものすごく大事なもの」と語り、オン・オフ問わず、メンバー同士の会話を観察していて気づいたことや、表紙撮影にあたって、メンバーからかけてもらった言葉など、ほほえましいエピソードも。「“会話術”一問一答」では「こんな困ったときどうする?」という“あるあるシチュエーション”にも答えた。

 今号の特集は「会話のチカラ」。アナウンサーの宇賀なつみ、倉田大誠、精神科医のTomyが伝授する伝え方のテクニック、横澤夏子が語る会話の極意などが紹介される。「CLOSE UP」には、川島如恵留(Travis Japan/ジャニーズJr.)が登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事