Koki,初主演映画『牛首村』涙のクランクアップ  一人二役の難役に挑戦「本当に…怖かった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モデルのKoki,が映画初主演に挑んだ『牛首村(うしくびむら)』のオフィシャルインタビューと初出しメイキング映像が公開された。無事にクランクアップしたことに感極まり、涙を流すKoki,の姿を見ることができる。

【動画】映画『牛首村』Kōki,インタビュー&メイキング映像

 2020年2月に公開された清水崇監督作品『犬鳴村』。それに続く「恐怖の村」シリーズ第2弾として21年2月に公開された『樹海村』。そして、シリーズ第3弾となる『牛首村』は、北陸に実在する最凶の心霊スポットが舞台となっている。

 映画のイメージビジュアルをバックに立つKoki,の衣装はVALENTINO、ジュエリーはBVLGARIだ。インタビューでは、オファーを受けた時の葛藤や、一人二役を演じ、「不安が倍増した」と当時の心境を明かす。

 彼女が演じるのは、17歳の女子高校生・奏音と、その妹・詩音。奏音は、あることがきっかけで自分に妹の詩音がいることを知り、2人が離れ離れに暮らす真相をたどっていく。しかし、そこには“牛首村”にまつわる恐るべき秘密と忌まわしい風習がまとわりついていた…。

 そんな恐怖に襲われる二役を演じるという大役を務めたKoki,。映像では、清水監督から「感情の持っていき方が、すごくカッコよかった」と言われた出来事をうれしそうに語り、一言一言に熱を込めながら撮影を振り返っている。

 また、映像内では本邦初のメイキングシーンも公開。撮影現場での女優・Koki,の様子と、インタビューを受けるKoki,が交互に映し出され、本作の撮影を彼女自身の言葉で振り返る貴重な映像となっている。終盤では、クランクアップの際に彼女の目から涙がこぼれる様子も映っており、清水組との深い絆を感じさせる。

 そんな彼女は、台本を読んだ際に「ホラー要素だけでなく、家族・友情・姉妹の絆が描かれており、すごく惹かれた」と語るも、「怖いと思う描写が、思わず涙が出てしまうくらいはっきりイメージしやすかった」と、文字からひしひしと伝わる恐怖に襲われていたことも明かしている。最後には、「よく寒気がすると言うじゃないですか。本当に、ぞわっ…てするくらいすごく怖かったです」と念押ししていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事