【おかえりモネ】菅波先生「一緒にいたい。1分1秒でも長く」 SNSも反響「最高のプロポーズ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。きょう20日放送の第91回では、菅波先生(坂口健太郎)が百音(清原)に対し「結婚したい」とはっきりと告げ、SNSでも大きな反響を集めている(ネタバレあり)。

【場面写真】突風の被害を受けた永浦家

 第19週(20日~24日)のタイトルは「島へ」。気仙沼の永浦家は、突風の被害を受けていた。心配で電話を掛けてきた百音に亜哉子(鈴木京香)は、家族の無事を伝える。その日の夕方、登米から東京に菅波がやって来る。誕生日を迎える百音に会いに来たのだ。2人が話していると、明日美(恒松祐里)から電話が入る。「龍己(藤竜也)のカキ棚が突風で、大きな被害を受けている」との知らせだった。それを聞いた百音は…という内容だった。

 いつものコインランドリーで再会した2人。菅波は「一緒にいたい。この先の未来、1分1秒でも長く。結婚したいと思ってる」と百音の顔をまっすぐに見つめて思いを告げる。しかし、返事はまだでいいという菅波は登米から東京に戻ろうと思っていることを明かす。そして、明日美からカキ棚が被害を受けているという電話があり、あすの放送へと続くことになった。

 SNSでは「菅波先生らしすぎる最高のプロポーズ」「菅波一生推していいかな?」「めちゃくちゃ誠実さを感じる」「あんなプロポーズされたかったよ」「過去最高に感動したプロポーズ」など、感動の声が寄せられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事