國村隼、ジョニー・デップと共演「楽しかった」 映画『MINAMATA』インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョニー・デップが製作/主演を務める映画『MINAMATA―ミナマタ―』(9月23日公開)に出演する國村隼のインタビュー映像が公開された。ジョニー・デップとの共演について「本当に楽しかった」と語っている。

【動画】映画『MINAMATA』に出演した國村隼のインタビュー映像

 本作は、報道写真家ユージン・スミスが、日本における“四大公害病”のひとつ水俣病を取材し、その悲劇を世界に知らしめ、自身の遺作となった写真集「MINAMATA」を出版するまでの実話を映画化したもの。

 映画の登場人物は実在の人物ではなく、複数の人物がモデルとなっているが、今回、普通の役者なら躊躇するであろう原因企業チッソの社長ノジマ役に挑んだ國村。製作陣が「典型的な悪徳社長にはしたくなかった。人として自分の人生を生きていることから、人間であると感じさせることが重要だった。このキャラクターには事件の複雑さ、対話の必要性を醸し出してほしかった。まさにそれを、國村隼が表現してくれた」と語る通り、複雑なキャラクターを、一面的ではない奥行きのある“人間”として見事演じきっている。

 國村自身はどう思っているのか。脚本を読んだ時について「まず、僕が海外であればぜひ一緒に仕事をしたいと思っていたジョニー・デップが、日本で起こった事実を題材に映画を撮るという印象が一番強かったです」と語り、続けて「ユージンのキャラクターの内面がよく描かれていた。だから、史実を映画にしたということだけでなく、ユージンがどんな思いでどんな風に生きたのか、彼の人生の物語として読めて、それがすごく感動的でした」と振り返る。

 ジョニー・デップとの共演については、「本当に楽しかったです。僕は本当のユージンは知らないですけど、これと決めたら動じない強さもあり、人に対してのチャーミングさと優しさを絶対持っていたと思うんですね。そういう意味で、ジョニーは彼を演じるのにぴったりですし、ビジュアルもすごく似ている気がしました。ユージン役はジョニー・デップしかいない、そんな風に感じました」とコメント。

 最後に監督との仕事について、「彼はまず僕たち俳優のパフォーマンスを先に見てくれてそれから、どう撮るかを考えてくれました。一緒に仕事をするとことがとても楽しく、やりやすかったです」と語っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事