タリーズ秋の新作は恒例のカボチャ モチーフは濃厚“パンプキンプディング”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タリーズコーヒーは10月1日より、秋の味覚を使った2種の新作を発売する。2014年より味わいを変化させながら展開している『パンプキンラテ』が、今年はカラメルソースをプラスした“ほろ苦テイスト”で登場する。

【写真】ホイップの上にシャキシャキのリンゴソースがトッピングのルイボスロイヤルミルクティー

 『カラメルパンプキンラテ』は、秋のスイーツ“パンプキンプディング”をモチーフに。芳醇な香りのエスプレッソに、ほろ苦いカラメルパンプキンソースとなめらかなパンプキンホイップを合わせた一杯だ。パンプキンホイップには、北海道産えびすかぼちゃを使用し、豊かな甘さと素材のもつ風味が存分に感じられる。

 もうひとつの新作が『&TEAルイボスロイヤルミルクティー ジンジャーアップル』。ルイボスティーの個性的な風味に、ミルクを合わせて飲みやすくしたノンカフェインのロイヤルミルクティー。キャラメル風味の2色のりんごソースでシャキシャキとした食感を加え、ジンジャーのピリッとした風味をアクセントに仕上げている。両商品ともHOTとICEの2種、Short517円、Tall572円、Grande627円の3サイズで展開(すべて税込、イートイン価格)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事