小泉今日子の音楽ユニット・黒猫同盟が初ライブ 『いぬねこなかまフェス』で3曲披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優で歌手の小泉今日子が21日、オンラインで配信されたイベント『いぬねこなかまフェス2021~動物愛護週間をオンラインで盛り上げよう~』に出演した。

【写真】黒猫同盟としてイベントで熱唱した小泉今日子

 小泉は今年新たに結成された音楽ユニット・黒猫同盟のコイズミキョウコとして、メンバーの上田ケンジとともに初参加。本イベントが初ライブとなる小泉は「2人とも黒猫の女の子を同じ時期に同い年の子を偶然にも飼い始め、それでユニットを組む時に『黒猫同盟』として保護猫などのことを広く広め行きたいと願いを込めて命名しました」とエピソードを語った。

 イベントでは「ベルベットリボン」「虹が消えるまで」「ニャー」の3曲を初披露。この3曲は『招き猫の日』の9月29日にリリースする黒猫同盟のCDに収録されている。

 見逃し配信(https://streaming.zaiko.io/_item/342494)は10月21日まで。チケットは3000円。

 本イベントは、犬・猫との接し方やかかわり方、動物を飼う際の正しい知識を楽しく知ってもらうことを目的に、2014年より動物好きの著名人や専門家たちによる手作りイベントとして、毎年9月の動物愛護週間に開催。今回で8回目を迎えた。

 昨年に続きコロナ禍でのオンライン開催となった。チケット売り上げの収益はミグノンプランで保護している動物の医療費やシェルターの家賃、フード代などに使用される。

 今回は、上田ケンジとコイズミキョウコによる音楽ユニット・黒猫同盟、椿鬼奴、清水ミチコ、坂本美雨らのライブパフォーマンスを行ったほか、斉藤和義や矢野顕子がVTRでライブを披露。平野レミは料理トークで初参加した。また犬猫の正しい飼い方やコロナ禍における動物との向き合い方などの専門家を交えたトークも配信された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事