菅田将暉、木端微塵の“死に方”希望「瞬間系がいいな」 主演映画『CUBE』豊富な死のトラップ想像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎、清水康彦監督が22日、都内で行われた映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)完成披露試写会に登場した。

【動画】斎藤工にツッコみを入れる菅田将暉

 同作は、1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇る映画『CUBE』(1997年)を菅田主演でリメイクした日本版。謎の部屋・CUBEに閉じ込められた6人それぞれが、脱出を試みるも次々と襲いかかる死のトラップへの恐怖、出口が見えない不安と閉塞感、極度の緊張とストレス、CUBEのすべてが彼らの体力と精神力を削っていくストーリー。極限状態に追い込まれていく6人は、徐々に<人間の本性>と闇がにじみ出てくる姿を描く。

 作品内容にちなみ、菅田は「どのトラップで死にたくないですか?」と共演者に質問すると、杏は「一瞬が良いよね。いろいろとトラップの種類がありますけれども…」と苦笑い。菅田も「瞬間系がいいな~。木端微塵系がいいな」と“死に方”を想像していた。

 また、現実に自分が突然“CUBE”に閉じ込められたら「どのような行動をするのか?」という質問も飛び、岡田は「3時間くらい瞑想するんじゃないかな? 諦めるとかじゃないんだけど、その状況を理解するために3時間くらい必要」と笑いを誘った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事