『ミス・ユニバース』日本代表が決定 日韓ハーフの“26歳美女”渡邉珠理さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 知花くらら、森理世ら人気モデルを多数輩出している美の祭典『2021 ミス・ユニバース・ジャパンファイナル Presented by Click Holdings』の最終審査会が22日、都内で行われ、会社員の渡邉珠理さん(わたなべ・じゅり/26)がグランプリに輝いた。

【全身ショット】“世界レベル”のプロポーションを披露した渡邉珠理さん

 “美のワールドカップ”といわれるミス・ユニバースは1952年に発足、日本代表は当初より参加。真に美しい現代女性の発掘と育成・発展を総合的にプロデュースし、世界で活躍する女性リーダーを世に送り出す。1959年に児島明子、2007年に森が世界一に輝いている。

 日本(父)と韓国(母)のハーフという渡邉さん。きらびやかなティアラが贈られ「いろんな気持ちで心がいっぱい。まずはたくさんサポートしてくださった皆さんに感謝の思いでいっぱいです」と満面の笑みを浮かべた。

 イスラエルで12月に開催される世界大会へ、日本代表としての出場が決定し「今年こそはトップ5、いや1位を狙います!」と声を弾ませた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事