亀梨和也主演ドラマ『正義の天秤』きょうスタート 共演は奈緒、北山宏光ら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演を務める、NHK総合の土曜ドラマ『正義の天秤』(毎週土曜 後9:00~9:49)が、きょう25日スタート。放送を前に、第1話のあらすじや登場人物たちを紹介する。

【写真】自身初の牧師役で出演する山口智子

 本作は、医師から転職した天才弁護士・鷹野和也(亀梨)が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながらも数々の難事件の真相を暴き、事件にかかわる人びとの魂を救う本格法廷ミステリー。徹底した合理主義者で、天才的な思考力と推理力を持つ鷹野はあるとき、事務所創業者のカリスマ弁護士が急逝した名門・師団坂法律事務所に、同じく弁護士の娘から立て直しのため招へいされる。

 そんな鷹野が率いることになるのが師団坂法律事務所の刑事部門担当『ルーム1』所属のくせ者弁護士たち。鷹野を呼んだ張本人で、一生懸命さが空回りしてしまう新米弁護士・佐伯芽依に奈緒。元ニートの弁護士・杉村徹平を北山宏光。元判事のエリートでプライドが高い女性弁護士・桐生実雪に大政絢。元刑事で、妻に先立たれ娘にも逃げられた人情派弁護士・梅津清十郎を佐戸井けん太が演じる。

 ほかに、8年前、何者かに襲われて以来、意識はあるが、自分の意思で動くことも話すこともできない状態となってしまう鷹野の恋人で正義感の強い弁護士・雨宮久美子を大島優子。萩原聖人が、東京地検のエリート検事・一ノ瀬眞人。竹中直人が、師団坂法律事務所で企業法務を担当する弁護士・西園寺清隆。そして中村雅俊が、師団坂法律事務所の創設者でありカリスマ弁護士の佐伯真樹夫役で出演するなど、豪華キャストが集結した。


■第1話あらすじ
「元外科医」で徹底した合理主義者、天才的な思考力と推理力を持つ弁護士・鷹野和也が、名門・師団坂法律事務所に招へいされる。師団坂法律事務所創業者のカリスマ弁護士が急逝したため、同じく弁護士の娘・佐伯芽依(奈緒)が立て直しのために呼んだのだ。
鷹野が最初に担当するのは、釣りボート店でアルバイトをしていた被告人・保坂修(筧利夫)が、釣り客で大手飲食グループの社長・倉橋龍一郎(宮田博一)を溺死させた疑いで起訴された事件。通常なら“緊急避難”が適応され無罪にできる案件だが、鷹野は殺人の線を疑う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事