黒柳徹子×SNIDEL×withコラボエコバッグが付録に 貴重写真&創刊号のメッセージプリント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の黒柳徹子が、人気ファッションブランド「SNIDEL」と、エッセイ「トットちゃんことはじめ」を連載する雑誌『with』(講談社)とコラボレーションし、自身の若かりし頃の写真がプリントされたエコバッグを作成、創刊40周年記念となる同誌12月号(10月28日発売)の付録となることが決定した。

【写真】オシャレに綿あめを食べる往年の黒柳徹子

 黒柳は1981年の同誌創刊号から連載「黒柳徹子の窓際クッキング」を担当し、40年経ったった現在も形を変えて連載が続いている、まさに同誌のレジェンド。その縁もあり、今回は黒柳のニューヨーク留学時代の写真を使用できることに。

 この貴重な写真をエコバッグにデザインしたのは、働く女性から絶大な支持を受けている人気ブランド「SNIDEL」。サステナブルなモノづくりも話題のブランド、今回のエコバッグも再生ポリエステル100%の素材を利用し、環境に配慮することを第一に取り組んだ。

 プリントされたメッセージは、同誌創刊号での所信表明。女性たちが自由に自分らしく、自由に人生進んでいけるように応援し続け、現代を生きるすべての人たちにも伝えたい変わらない想いを託している。

 同号の表紙を飾るのは、人気グループ・King & Prince。大特集は毎年恒例の『OL大賞』。2021年に働くOLたちに影響を与えた人、ファッション、コスメ、ライフスタイルグッズを大発表する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事