『うきわ』最終話 サレ妻×サレ夫の二人の決意、ビターで切ないラブストーリーの結末
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ東京系の連続ドラマ枠「ドラマプレミア23」第3弾として、野村宗弘の「うきわ」(小学館ビッグスピリッツコミックス)を原作とした『うきわ ―友達以上、不倫未満―』(毎週月曜 後11:06)の最終話が27日に放送される。

【動画】『うきわ―友達以上、不倫未満―』最終話予告

 壁一つ隔てたおとなりさんで配偶者に浮気されている者同士、ひかれ合っていった中山麻衣子(門脇麦)と二葉一(森山直太朗)。20日放送の第7話で、二葉さんの妻・聖さん(西田尚美)は不倫相手の田宮(田中樹)に別れを告げ、麻衣子(門脇麦)の夫・たっくん(大東駿介)も福田さん(蓮佛美沙子)と別れ、「お互い元通り」になった麻衣子と二葉さん。

 「元には戻れない」と葛藤する麻衣子だったが、夫婦の再生に心傾けていく二葉さんを見て、たっくんとの離婚を留まり、遠巻きに二葉さんを応援すると決めた。しかし、二葉さんが福岡に転勤することに!?

 最終話では、麻衣子のもとに二葉さんから「来週の火曜日は空いてますか?」というメッセージが届いて…。これが二葉さんときちんと話す、最後の機会になるかもしれないと不安になる麻衣子。一方、二葉さんは、麻衣子に伝えたいある思いを秘めていた。麻衣子と二葉さんの決意が招く、二人の未来とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事